18歳から求人誌で見つけた福井県のキャバクラでお水アルバイト

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、キャバクラで働いている女性の口コミをご紹介します。

お給料や、勤務先の選び方、仕事内容などがわかる口コミです。

求人情報誌を見て福井県にあるキャバクラに面接へ…

私は福井県の大学へ進学するとともに、18歳からキャバクラで働いています。25歳になった現在もお店を続けています。

お水で働こうとおもった理由は、やはりお小遣いが欲しかったのと貯金をある程度しておきたいと思ったからです。

最初のお店は、大学から近く求人情報誌をみて面接を受けに行きました。その店は、ぼったくりで有名な店とは知らずに、、、。

週末だけの金曜日、土曜日だけの出勤でした。週末もそれなりに賑わいます。

求人情報誌にはノルマなし、送迎有り、貸衣装有り、と書いていましたが実際にはドリンクのノルマがあり送迎も有料、貸衣装も有料でお給料からかなり天引きされていました。

キャバ嬢のノルマや店長やボーイの対応

ドリンクは一杯1000円で、15分の間に1人の客に2杯もらうのがノルマでした。

このノルマが達成できなければ、女店長に呼び出されて説教され暴言を吐かれました。

また、売り上げの良くないキャストには、店長からの当たりがひどく、トイレが長いだけでドアを蹴られたりしているところを目撃しました。

また、一番驚いたのは、店前でお客さんが入るかどうかボーイと相談しているとき、私は店長に呼ばれ店前に出されて「この若い子つけるから、入って」とお店の外にだされた事もありました。

もちろんそんな事を言っても15分で交代なのでお客さんもいい顔はしていませんでした。

衣装は主にお客さんとの同伴時に買ってもらってました。

水商売のお客様について

お客さんは、類は友を呼ぶというのでしょうか、私が温厚な性格だったのでそのようなお客さんが多かった気がします。

また、ヘルプについてくれた女の子からも私のお客さんは好感度が高かったと思います。

そしてやはり、ギャルっぽい派手な女の子には、若くて派手なヤンキー風なお客さんが多かったです。

それと同じく面倒なお客さんばかり集まるキャストもいました。やはり、そういう子のヘルプは嫌がられていましたね。

つけ回しを担当するボーイさんの善し悪しでお給料が変動することはよくありました。

やはり自分に合ったお客さんとタイミングで自分の能力を引き出せるものだと思います。

夜の仕事を楽しむための私のコツ

店長やボーイさんと仲の悪いキャストは損します。

たとえば、一番目に席の付く女の子と二番目、三番目につく女の子では一番目につく女の子が不利です。

その理由は、お客さんも色々な女の子を見たいわけですから。一番目の子と二番目の子を比較、二番目と三番目を比較します。

よって、後から席についた方が有利なのです。

自分の営業成績もそうですけど、お店の店長やボーイさんとは仲良くやることに越した事はありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の口コミ・体験談は以上になります。

当サイトでは、他にもたくさんの口コミ・体験談を公開していますので、そちらもご覧ください。

 

ちなみに、お水の仕事を探すなら、お水系の仕事情報が充実している「バイトル」がおすすめです。

バイトルでお水系の求人を探すには『職種から探す』⇒『ガールズバー・キャバクラ・スナック』と進んでください。

バイトルの公式サイトはこちら

 

なお、他の仕事情報サイトもチェックしたい場合は、下記のページを見てください。

お水系の仕事情報サイトまとめ

 

また、お水系のドレス通販サイトをまとめたページも公開中です。

お水系のドレス通販サイトまとめ