体験入店から新宿にあるクラブでお水のアルバイトを始めて…

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、クラブで働いていた女性の口コミをご紹介します。

お給料や、勤務先の選び方、仕事内容などがわかる口コミです。

体験入店から新宿のクラブで水商売アルバイト

10年前、田舎の高校を卒業し無理やり入社させられた会社を即行で辞めて上京しました。

仕事も家もなかった私が水商売を始めたのは、新宿で声を掛けられたスカウトについて行ったのがきっかけでした。

始めてから2年間は都内のお店を転々とし、今思えば遊び感覚で働いていたと思います。

二十歳の時に友達に誘われて何気なく体験入店した新宿のクラブで、結果として4年間レギュラー出勤で働きましたがここで水商売とはを教えてもらったと思っています。

始める前の水商売に対する私の中のイメージは、普通のバイトでは考えられないような高収入、仕事内容はお酒を作ってお店に来たお客様と話すだけだろうし、休みも自由にとれるだろうと甘く見ていましたが、いざ始めてみてつらさを痛感しました。

お水を経験して辛かったこと・良かったことなど

ノルマを超えられない精神的なツラさ、これ以上飲めないのに飲まなければならないツラさ、面倒なお客様の対処、売掛金を回収できなくて給料が数万円しかなくなるなどなど…。

ツラかったことは書ききれないほどあります。

ママに怒られて何度泣いたか数え切れません。ツラいことが続いたときはいつも辞めたいと思っていました。

もしかしたら辞めたいと思っていた時間の方が長かったかも知れません。

逆によかったことももちろんありました。やればやるだけ給料に反映されるという点はやる気が出ました。

私は売れているわけではありませんでしたがそれでも長く働いていたらそれなりに仲の良いお客様もできます。

特別可愛いわけでもなく、スタイルもよくありませんがお酒好きと愛想がいいだけでそれなりにやってこられました。

夜の仕事を楽しく長く続けるコツ

続けるコツは自分に合うお店を探すことだと思います。

女だらけの世界なので中には派閥があったり、嫌がらせをされたりもしましたが、当時一緒に頑張っていた先輩や女の子、ヘアメイクを担当してくれていたお姉さんたちとは辞めた今でも仲良くしています。

私にとってはその中の一人、たまたま同じ日に入店した女の子が今では親友だったりもするので、ギスギスしたイメージを持たれがちな世界ですが全部が全部そういうわけではないと思います。

私はこのまま一生、この仕事をしていこうとは思っていなかったので24歳を期に水商売を辞め、今は普通にOLをしていますが、水商売をしていたことを全面的には後悔していません。

しいて言えばもう少し早く上がればよかったかなとは思っていますが。

飲むことが大好きなのでその点については天職だったかなとは思いますが、個人的にはお酒はプライベートで飲むのがいちばんおいしいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の口コミ・体験談は以上になります。

当サイトでは、他にもたくさんの口コミ・体験談を公開していますので、そちらもご覧ください。

 

ちなみに、お水の仕事を探すなら、お水系の仕事情報が充実している「バイトル」がおすすめです。

バイトルでお水系の求人を探すには『職種から探す』⇒『ガールズバー・キャバクラ・スナック』と進んでください。

バイトルの公式サイトはこちら

 

なお、他の仕事情報サイトもチェックしたい場合は、下記のページを見てください。

お水系の仕事情報サイトまとめ

 

また、お水系のドレス通販サイトをまとめたページも公開中です。

お水系のドレス通販サイトまとめ