20歳のシンママが和歌山市アロチにあるキャバクラでお水のアルバイト

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、キャバクラで働いていた女性の口コミをご紹介します。

お給料や、勤務先の選び方、仕事内容などがわかる口コミです。

20歳で和歌山市アロチにあるキャバクラで夜の仕事

私は20の頃、2年間程キャバクラで働いていました。

私が働いていたのは和歌山市の繁華街のアロチという場所です。

アロチは和歌山では夜の街として知られていますが、大阪や東京にあるミナミや六本木に比べるととても小さな飲み屋街です。

ただ大阪からのお客さんや和歌山への出張で来ているお客さんで小さいわりにその当時は毎日賑わっていました。

私がキャバクラで働き始めた理由は結婚して子供がいたのですが、旦那と離婚することになり一人で子供の面倒を見ていかなければならなくなったからです。

普通のパートや仕事ももちろん考えたのですが、やはり夜の仕事で稼げる額と比べるとはるかに少なく、やはり子供を育てていくという点で少しでもお金を稼がなければという思いで知り合いに紹介されたキャバクラ店で働くことに決めました。

シンママキャバ嬢アルバイトの労働条件やお給料

私が働いていたお店は他のお店に比べて平均年齢が高く、同僚の女の子はほとんど私より年上でした。

とても他店に比べて落ち着いた感じのお店でした。

もちろん紹介されたという理由もあったのですが、そのお店は基本ノルマ的な物もなく、出勤日数や時間も結構フレキシブルで子供がいる私にはとても良い条件で働く事が出来ました。

その当時、私は母親と同居していたので夜働いている間は母親に子供の面倒をみてもらっていました。

仕事が終わったら少しでも早く帰って子供の寝顔を見たい一心で、基本的にアフター的な事はしませんでした。

こういう労働条件であったのですが月30万程稼ぐことが出来ていました。

水商売のドレス衣装や印象に残るお客様について

仕事中に着用するドレスや服は基本的には自分で用意するルールだったので、私は良くインターネットで購入していました。

お店の近くにもそういう感じの服やドレスを取り扱っているお店はあったのですが、やはり種類はそんなに多くなくありきたりな感じの服ばかりだったのでネットで購入していました。

ネットだと結構高そうに見えるドレスが結構お手頃な価格で購入でき、その当時は毎月2万円程衣装にお金をかけていました。

2年間のキャバクラ業界での仕事で私が一番印象に残っているお客様がいるのですが、その方は某有名歌手の方でした。

最初ヘルプでその方のテーブルにつかせてもらったのですが、最初見た時正直誰だか分かっていませんでした。

ただ話をしていると某有名歌手だったんです。

誰もが知っている歌手の方だったんですがまさか和歌山なんかにいるなんて思っていなかったので正直とてもびっくりしました。

その方はテレビで見ている印象とは違いとても気さくでダンディーな男性でした。

水商売は華やかだけではなく大変な事もある

“お水の世界”という言葉だけを聞くと華やかな感じがしますが、2年間キャバクラで働いてみてもちろん良いことや楽しい事だけではなく大変なことや嫌な事もたくさんありました。

私はこれからもしお水の世界で働きたいなと思っている人がいたら、もう一度良く考えて決めたほうが良いですよ!とアドバイスすると思います。

なぜお水の世界で働かなければいけないのか?本当にお水の世界で働かなければいけないのか?

もう一度自分に問いかけてみてくださいと。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の口コミ・体験談は以上になります。

当サイトでは、他にもたくさんの口コミ・体験談を公開していますので、そちらもご覧ください。

 

ちなみに、お水の仕事を探すなら、お水系の仕事情報が充実している「バイトル」がおすすめです。

バイトルでお水系の求人を探すには『職種から探す』⇒『ガールズバー・キャバクラ・スナック』と進んでください。

バイトルの公式サイトはこちら

 

なお、他の仕事情報サイトもチェックしたい場合は、下記のページを見てください。

お水系の仕事情報サイトまとめ

 

また、お水系のドレス通販サイトをまとめたページも公開中です。

お水系のドレス通販サイトまとめ