求人サイトで見つけた大阪ミナミにあるキャバクラで夜のアルバイト

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、大阪ミナミにあるラウンジで働いていた女性の体験談をご紹介します。

お給料や、勤務先の選び方、仕事内容などがわかる体験談です。

求人サイトで探した大阪ミナミのキャバクラ

25歳くらいの頃に、大阪ミナミのキャバクラで働いていました。

以前ラウンジで少しだけ水商売の経験があり、お金欲しさにやることにしました。確か求人サイトか何かで知って、いくつか面接をしてもらってお店の雰囲気を見たうえで決めました。

経験ありと言っても初心者なことには変わりがないので、あまりお高くとまっているところは避け、どちらかというとアットホームなお店に決めたつもりでした。

面接をしてくれた店長が良い人に思えたのと、何となくですが気に入られている気がしたからというのもありました。

週末を含む週3勤務で、時給は増えていきました。歩合?のような感じなのかな。

月収で言うと160万円くらいだったので、悪くはないと思っています。

水商売衣装はキャバ嬢専門のお店やネットで購入

衣装はその辺のキャバ嬢向けのお店か、ネット。お客さんが買ってくれることもありました。

10~15万くらいは着るものに使っていたと思います。

着なくなったり似合わなかったりしたら、別のスナック勤務の友人と交換したりしました。

人間関係で気をつけていたことは、キャストよりも男性スタッフを味方につけようという事です。

アットホームに感じたお店でしたが、私の考えが甘く。お客を取った、取られただのと諍いは日常茶飯事。

集団的ないじめはなかったですが、仲良いコと悪いコの差が激しかったし、男性スタッフ内でも派閥がありました。

派閥によってお客のつけ回しが変わるので、男性スタッフには邪険にしないようにしていました。

お水のアルバイトで気をつけていた人間関係

とくに社長に気に入られてからは格段に居心地が良くなりました。遅刻、無断欠勤、ノルマのペナルティー無しなど。

普段から売り上げに貢献していなければ得られなかったと思いますが、スタッフに気に入られて損することはありません。

そのぶん女の子からはやっかみを受けますが、お客さんには女同士の醜い争いがお好きな方がとても多いので「事情通の皆様はどうぞお楽しみください」という感じでした。

表面下でいくら争っていたとしても、結局は売り上げの多いほうが勝ち。

そういう事が、苦しいけど快感!と思えたらこの仕事は合っているのではないでしょうか。

売り上げに必死にならないお客さんとの付き合い方

お客さんとはたくさん連絡を取り合うようにしていました。

来て来てとは言わず、来てくれた時にはお礼を言う。という感じの方が重たくなくてよいかと思います。

ついつい売り上げに必死になってしまい、お客に根を詰めて使わせるとあとあと面相くさかったりしました。

お店で泣かれたり、自宅を調べられて来られたリ。

人と人とのやりとりがきちんとできるお行儀のよいお客とは、水商売をやめた今でも時々やりとりをしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の口コミ・体験談は以上になります。

当サイトでは、他にもたくさんの口コミ・体験談を公開していますので、そちらもご覧ください。

 

ちなみに、お水の仕事を探すなら、お水系の仕事情報が充実している「バイトル」がおすすめです。

バイトルでお水系の求人を探すには『職種から探す』⇒『ガールズバー・キャバクラ・スナック』と進んでください。

バイトルの公式サイトはこちら

 

なお、他の仕事情報サイトもチェックしたい場合は、下記のページを見てください。

お水系の仕事情報サイトまとめ

 

また、お水系のドレス通販サイトをまとめたページも公開中です。

お水系のドレス通販サイトまとめ