求人サイトで見つけた北新地にあるラウンジで水商売のアルバイト

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、北新地にあるラウンジで働いていた女性の体験談をご紹介します。

お給料や、勤務先の選び方、仕事内容などがわかる体験談です。

求人サイトで見つけた北新地の小さなラウンジ

私がはじめて水商売と呼ばれるお仕事に就いたのは20歳の時でした。

理由は単純にお金が欲しかったからです。

お昼もOLとして働いていましたが、安易に利用してしまったカードローンのせいでお昼のお給料だけでは足りなくなったからです。

亡くなった祖母に「頼むから水商売だけはするな」と小さい頃から言われていたんですが、背に腹は変えられず。

心の中で祖母に謝りながら面接を受けに行ったのを今でも覚えています。

面接を受けたのはアルバイトの求人サイトで見つけた北新地の小さなラウンジでした。

水商売のアルバイトの勤務時間や日当など

たくさんのお店が載っていましたが楽しそうな写真とスタッフの紹介文がおもしろくて、ここなら大丈夫かもと応募したのはそのお店だけでした。

ド素人丸出しの、特段可愛くもない私をよく雇ってくれたな、と今でも不思議に思いますがその当時のマスターが「あの子は垢抜けるから」とママに推してくれた上での採用だったそうです。

採用されてからは週5日、フルで働きました。

月曜日から金曜日の20時から24時迄で、日当が1万円くらいだったと思います。

ドレスはお店がママやチーママのお古を用意してくれていたので特に困ることはありませんでした。

自分で用意したのはパンプスくらいでしょうか。

お水の仕事は高時給な分、軽い気持ちでは出来ない

それから5年ほど同じお店で勤め今はもう辞めましたが、水商売を経験してよかったと今でも思っています。

ただ綺麗な格好をしてお酒を飲みながら男の人の相手をすればいいんだ、と軽い気持ちで始めましたが、やはりこんなに時給がいいのはそれだけの理由がありました。

ノルマはありませんでしたが、お客様の同伴、動員にはそれなりのプレッシャーが与えられますし、接客するにしても色んな方がいらっしゃいます。

理不尽な事で怒られたり、セクハラまがいの事も多々あります。水商売の女と見下してくる方もまだ稀にいます。

お酒も入っていますから、普段はそうじゃなくても人が変わったように豹変する方も見てきました。

そんな多種多様なお客様をうまくなだめて、気持ちよく飲んでもらって、またお店に来てもらうように日々の営業もする。

お客様との出会いや貴重な体験ができる夜の仕事

もの凄い精神力が必要な仕事だと思います。

私はプレッシャーに耐え切れなくなって辞めてしまいましたが、後悔はしていません。

大変な事ばかり書いてしまいましたが、これと同じくらい素敵なお客様との出会いや貴重な経験もしました。

決して楽な仕事ではありませんが、この世界でしか経験出来ないことはたくさんあるので何か目標を持って頑張りたい女性は一度飛び込んでみて下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の口コミ・体験談は以上になります。

当サイトでは、他にもたくさんの口コミ・体験談を公開していますので、そちらもご覧ください。

 

ちなみに、お水の仕事を探すなら、お水系の仕事情報が充実している「バイトル」がおすすめです。

バイトルでお水系の求人を探すには『職種から探す』⇒『ガールズバー・キャバクラ・スナック』と進んでください。

バイトルの公式サイトはこちら

 

なお、他の仕事情報サイトもチェックしたい場合は、下記のページを見てください。

お水系の仕事情報サイトまとめ

 

また、お水系のドレス通販サイトをまとめたページも公開中です。

お水系のドレス通販サイトまとめ