求人誌で見つけた中洲にあるクラブで水商売のアルバイト

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、中洲にあるクラブで働いていた女性の体験談をご紹介します。

お給料や、勤務先の選び方、仕事内容などがわかる体験談です。

求人誌で見つけた中洲のクラブでお水の仕事

24歳の頃、中洲のクラブで働いていました。

働こうと思った理由は、当時勤めていた事務の仕事のお給料が低かったことと、そのことにより少し借金ができてしまったからです。

住んでいたところが中洲に比較的近かったので、中洲で働くことにとまどいはありませんでした。何より遊ぶお金が欲しかったので。

勤務先は、求人誌で見つけました。

でも、求人誌だけだと不安なので、そこに面接に行くまでに何度か中洲を歩いてお店の周囲や構えなど雰囲気を確認しました。

お店選びで注意したこと

今思えば、働いていない女性があの辺りをひとりで歩いているのって変な感じですよね。

そうやってお店自体を直接確認することによってこのお店なら大丈夫かな?と思ったお店に、電話で面接の予約をいれました。

その際の対応もチャラチャラしていなくてきちんとした雰囲気だったので、このお店ならいいかなと思って、この時点で自分の中で入店を決めていました。

お店を選ぶ時は客層も大切なので、ちょっと怪しいですが、ピークの時間にお店の近くでどんなお客様が入店するのかをチェックするのもひとつの方法だと思います。

実際、この行動が実を結んでか、勤めたところはちゃんとしたお店でした。

クラブホステスの出勤や時給など

みんなママの信奉者という感じの方ばかりなので、ノルマも厳しくないし、ママもお水っぽくなくてどこかの社長の奥様のような雰囲気さえ漂わせているような方でした。

これは勤めはじめてみないとわからないのですが、やはり一人でお店をしているママの場合は、お金に厳しいです。

逆に結婚をしていて片手間でしているようなママ、スポンサーがいるママの場合は気前も良いですし、あまりがつがつしていないので、お店全体も雰囲気が良いような気がします。

出勤日数は、昼のお仕事もあったので週に3日、勤務時間は19時から0時まで、ただし23時頃に新規のお客様が無ければ私は早く退店させてもらえるようにしていました。

時給2,000円です。たまにママのスポンサーさんがやってきた日は、臨時収入もありました。

衣装はドレスを購入したり交換したり

衣装は自分で購入もしましたが、ママがお金を出してくださる時もありました。

当時はお水用のドレスがネットでも安く購入できはじめていたので、月に1万もかからない出費でした。

あと、仲の良い同僚と交換して着ることもあって、楽しかったです。

仕事で気をつけていたことは、どこからばれるかわからないので自分の昼間のお仕事についてはウソをついて、お客様には違う仕事を伝えていました。

また、ママのお得意さまに言い寄られた時は、あまり気を持たせるようなことをしないようにしていました。

夜のアルバイトは勉強になり楽しい時間だった

同僚は、やはり色んな性格の方がいましたので、気のあう人とはプライベートでも遊びに行ったりしましたが、そうでもない人とはお店の中だけのおつきあいでした。

でも、仕事を円滑にするために、同じテーブルになったら普段会話の無い人でもたててあげたりしてなるべく楽しい雰囲気にしていました。

当然ですが、入店・退店のあいさつはきちんとするように心がけていました。

お水の仕事は大変ですが、クラブだと普段お目にかかれないようなえらい方もいらっしゃるので、勉強になることが多かったです。

今は思い出ですが、自分の色んな引き出しを作ることもできて、楽しい時間だったなと感じています。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の口コミ・体験談は以上になります。

当サイトでは、他にもたくさんの口コミ・体験談を公開していますので、そちらもご覧ください。

 

ちなみに、お水の仕事を探すなら、お水系の仕事情報が充実している「バイトル」がおすすめです。

バイトルでお水系の求人を探すには『職種から探す』⇒『ガールズバー・キャバクラ・スナック』と進んでください。

バイトルの公式サイトはこちら

 

なお、他の仕事情報サイトもチェックしたい場合は、下記のページを見てください。

お水系の仕事情報サイトまとめ

 

また、お水系のドレス通販サイトをまとめたページも公開中です。

お水系のドレス通販サイトまとめ