体験入店から始めた新宿と国分寺にあるキャバクラでお水のアルバイト

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、新宿と国分寺にあるキャバクラで働いていた女性の体験談をご紹介します。

お給料や、勤務先の選び方、仕事内容などがわかる体験談です。

留学費用を貯めるため体験入店して夜の仕事探し

20代前半の頃、新宿と国分寺のキャバクラで働いていたことがあります。

昼間は会社員として働いていたので、副業としてバイトしていましたが、きっかけは海外留学に行きたく、費用を貯めたかったからです。

昼間の仕事だけでは目標金額まで貯めるのにとても時間がかかりそうだったため、夜のバイトをしようと思いました。時給が高いのが魅力でした。

勤務先は、バイト情報誌から探して1日体験入店を何店舗かした後に一番お店の雰囲気が良さそうだった所に決めました。

新宿と国分寺にあるキャバクラの衣装など

出勤日数は週2、3回で、昼間の仕事の休みの前日に働いていました。

勤務時間は20時から5時まででしたが、お客さんがいない時は2時頃上がらされていました。

日によって勤務時間はバラバラでしたが、同伴手当、ドリンク代、指名代など入れて少なくても月15万円ほど頂いていました。

衣装はお店のドレスが無料で借りれたのでいつもそれを利用していました。

夜の仕事をメインでやっている方たちは自前のドレスを着ていることが多かったです。

ヘアメイクも、プロの方がいて500円ほどでセットしてもらえましたが、派手に盛られるのが好きではなく、また、お金を貯めるために働いていたのでほとんど利用しませんでした。自分で髪を巻いてセットしていました。

キャバクラ嬢をしていて印象に残ったこと

仕事で印象に残っているのは、とにかく色んなお客様がいるので会話が盛り上がらない時が辛かったです。

若いお客さんはすぐお店の外で会おうとする人が多く、キャバクラにお金を使いたがらない印象でした。

私を指名してくれる人は開業医が多かったのですが、やはりお金に余裕があるという印象と、ストレスが溜まっていると思いました。

同伴すると自分では行けないようなお店に連れて行ってくれたりとても楽しかったです。

お水のアルバイトで気をつけていたこと

働くうえで気をつけていたことは、聞き役に徹するということでした。

話を聞いてほしくてお店に来ているという方が多かったので、丁寧にリアクションをすることを意識していました。

また、お酒を飲みすぎないこと、トラブルにならないようにと気をつけていました。

同伴は何回かお店で指名してくれて職業、人柄が信用できると分かるまで行かないこと、アフターはしないことを自分の中のルールにしていました。

おかげで危ない目に遭ったことは一度もありませんでした。

中には枕営業をしている人もいましたが、やはりそれでは一つのお店に長くは居られないようです。

目標金額が貯まったため半年ほどで退店しましたが、色々社会勉強させてもらい、いい経験だったと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の口コミ・体験談は以上になります。

当サイトでは、他にもたくさんの口コミ・体験談を公開していますので、そちらもご覧ください。

 

ちなみに、お水の仕事を探すなら、お水系の仕事情報が充実している「バイトル」がおすすめです。

バイトルでお水系の求人を探すには『職種から探す』⇒『ガールズバー・キャバクラ・スナック』と進んでください。

バイトルの公式サイトはこちら

 

なお、他の仕事情報サイトもチェックしたい場合は、下記のページを見てください。

お水系の仕事情報サイトまとめ

 

また、お水系のドレス通販サイトをまとめたページも公開中です。

お水系のドレス通販サイトまとめ