求人誌で水商売の仕事を探して銀座にあるクラブでアルバイトして学費を稼いだ

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、銀座にあるクラブで働いていた女性の体験談をご紹介します。

お給料や、勤務先の選び方、仕事内容などがわかる体験談です。

求人誌で夜の仕事探し、銀座のクラブを選んだ理由

22,23歳頃、銀座のクラブで働いていました。たった1か月ほどでしたけれどね。

その頃私は大学生で、親が事業に失敗し、生活費も学費も払ってもらえなくなり、とにかくそれらを稼ぐために始めたんでした。

お店は普通に求人誌で探しました。

そこを選んだ理由は、そういうところで働くのに向く服を持ってないなあと思い、衣装貸与と書いてあるお店にしたからです。

あとは東京ですとクラブといえば、六本木や新宿にもたくさんありますが、銀座が一番集まるお客様も質が良いというか、それなりの層の方が多く、安心して務められるのではないかと思ったからです。

それと深夜の勤務は親と同居でできなかったため、終電に間に合う営業時間だったので助かりました。

お水のアルバイトの日当や衣装など

週3日ほどの勤務で20時から24時くらいまでだったと思います。日当は一晩で一万円でしたかね。

衣装はお店にいろいろあって、毎回違うものを好きに選ばせていただけてよかったです。

仕事はお客様の席について飲み物(ウィスキーの水割りなど)をおつくりし、自分も飲みながらお客様とおしゃべりし、あとカラオケも一緒に歌ったりしました。

私はお酒はいけるほうなので飲むのは大丈夫なのですが、歌はほんとに下手なので参りましたね。

でもどのお客様がどういう歌が好きなのか覚えて知らない歌はあとで調べたりしてなんとか合わせられるよう頑張っていたものです。

夜の仕事で気になったお客さんの話

一人、ほぼ毎日来店されるお客様がいて、そのお店の中国人の女性がいつも同伴していたんですが、ある日私がその方の席に呼ばれてついたことがありました。

会話がなにせ全然弾まず、気づいたらその方うとうとしはじめてしまいました!

でも申し訳ないと思う一方、こんなところで毎晩過ごして、この人他にやりたいことないのかしらと思わずにはいられませんでした。

もともとこういう仕事には向いてないとは思っていたものの、この時ばかりはだめだこりゃと心から思いました。

水商売は大変だったが学費などを稼げて良かった

店長の冷たい目つき忘れられません。そんなことがあってクビになったんだか自分からやめたのか、今となっては思い出せないくらいずいぶん昔の話ですが、その店を去ることとなりました。

まあ、いろんな仕事を経験し、どんな仕事でももっとできるようになりたいとそれなりに努力はしてきましたが、この仕事ほど、できるようになりたいと思わなかった仕事は他にないんじゃないかと思います。

でも、なんとか、たった1か月ですが、頑張って働いたおかげで、そのあと卒業論文を書き終わるまではアルバイトをしないで勉強に専念できたので、そういう意味では助かりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の口コミ・体験談は以上になります。

当サイトでは、他にもたくさんの口コミ・体験談を公開していますので、そちらもご覧ください。

 

ちなみに、お水の仕事を探すなら、お水系の仕事情報が充実している「バイトル」がおすすめです。

バイトルでお水系の求人を探すには『職種から探す』⇒『ガールズバー・キャバクラ・スナック』と進んでください。

バイトルの公式サイトはこちら

 

なお、他の仕事情報サイトもチェックしたい場合は、下記のページを見てください。

お水系の仕事情報サイトまとめ

 

また、お水系のドレス通販サイトをまとめたページも公開中です。

お水系のドレス通販サイトまとめ