求人誌に書かれた高時給に惹かれて中野駅にあるキャバクラでアルバイト

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、東京の中野駅にあるキャバクラで働いていた女性の体験談をご紹介します。

お給料や、勤務先の選び方、仕事内容などがわかる体験談です。

求人誌の高い時給に惹かれてキャバクラ譲へ

私がキャバクラで働き始めたのは18歳の頃です。

大学に進学するために上京し、生活費のためにアルバイトをしようと思って求人情報誌を開くと、たくさんのキャバクラの求人が目に飛び込んで来たのです。

「時給3000円以上!」、「体験入店一ヶ月3500円保証。」など、そこには目を丸くするほど高い時給が提示されていたのです。

高校時代私がしていた中華料理屋さんのアルバイトは、田舎だったこともあり630円でした。

5倍ももらえるなんて・・・東京ってすごい!と、すっかり興味津々の私は、その日のうちに電話して面接を受ける事に。

中野駅にあるキャバクラで夜の仕事を始めて…

場所は、当時私が住んでいた中央線沿いの中野駅でした。中野に決めたのは、新宿や渋谷はまだちょっと怖かったからです。

面接をしてくれたのはスーツを着た優しそうな店長さんでした。

キャバクラの店長さんといえばもっと怖そうな人を想像していた私は、すごく安心して「週何日入れる?」と聞かれて思わず「5日です!」と答えてしまい、そのまま火曜日~土曜日まで連続のかなりハードなシフトになってしまいました。

店は20時から5時までだったので、始発が走る朝までの仕事が毎日。

大学では眠くて眠くて、授業中によく寝ていました。

その一ヶ月だけでかなりの給料になり、最初の給料日の封筒がズシリと重かったのは今でも忘れられません。

体験入店保証もある給料の額に手が震えることも…

体験入店保証で時給は3000円でしたが、毎日ドレスのレンタル代1000円と源泉徴収10パーセントがお給料から引かれていたこと、お客さんがいなくて早上がりした日もあったりして、でもそれでも40万以上は入っていました。

18歳の私には大金過ぎて、手が震えました。

同じ時期に入ったお店の女の子と2人で朝までやってる居酒屋に行き、大はしゃぎしたのをよく憶えています。

お給料は高かったですが、仕事は簡単ではありません。

朝5時までですからもちろん眠くなりますが、お客さんの前であくびをするわけには行きません。

お触り禁止なのに、酔っぱらって太ももや胸をタッチされる事もありました。

でもかなり厳しい店だったので、その度にスタッフが飛んで来て注意してくれました。

水商売のアルバイトとして心がけていたこと

私は新人だったので、とにかく先輩の仕事ぶりをみて学習しようと、ヘルプについた時や待機席にいるとき、先輩とお客さんの様子を観察しました。

そこで気づいたのは、お客さんにオラオラ気味の先輩が多い事。

口調がキツかったり、電話で来店を命令したり。

それはその先輩とお客さんとの信頼関係、絆の上に成り立っているものなのでいいんですが、私には無理そうだったので、私は逆に「怒らない」というスタイルで行きました。

いつでもニコニコ。抱きつかれてもニコニコ。

そしたら気に入ってくれて指名してくれる人も増え、先輩には「嫌な時はもっと怒ってもいいんだよ。あたしが言ってやるから!」と世話をやいてもらえるようになり、最初は不安だった仕事が毎日楽しくなりました。

学業に専念するために数ヶ月でお店は辞めましたが、思っていたより楽しかったキャバクラのお仕事。

いつかまたやってみたいな、と思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の口コミ・体験談は以上になります。

当サイトでは、他にもたくさんの口コミ・体験談を公開していますので、そちらもご覧ください。

 

ちなみに、お水の仕事を探すなら、お水系の仕事情報が充実している「バイトル」がおすすめです。

バイトルでお水系の求人を探すには『職種から探す』⇒『ガールズバー・キャバクラ・スナック』と進んでください。

バイトルの公式サイトはこちら

 

なお、他の仕事情報サイトもチェックしたい場合は、下記のページを見てください。

お水系の仕事情報サイトまとめ

 

また、お水系のドレス通販サイトをまとめたページも公開中です。

お水系のドレス通販サイトまとめ