青森県青森市のキャバクラで夜の仕事を始めて…

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、青森県青森市のキャバクラで働いていた女性の体験談をご紹介します。

お給料や、勤務先の選び方、仕事内容などがわかる体験談です。

青森県青森市のキャバクラでお水の仕事

21歳の時から7年間青森県青森市のキャバクラで働いた経験があります。

なぜキャバクラで働く事になったかというと、パチンコにハマって借金を作ってしまい昼の仕事だけでは借金の返済ができなくなったからです。

勤務先は先に別のキャバクラで働いていた友人にお願いして、友人が働いていたキャバクラの経営者に紹介してもらって決めました。

出勤日数は週に4日、20時から2時までの勤務時間で時給は1200円でした。

給料は月払いと週払いと日払いを選べたのですが、私は日払いにしてもらいました。

衣装は通販で購入、入店前にチェックあり

衣装は自分で購入していて、ドレスやスーツなどカチッとしたものではなくても良いけどそれなりに女性らしい服装で、ラフすぎるものはだめという決まりまありました。

仕事前に衣装のチェックがあり、「この衣装は次から着てこないように。」と言われる事もありました。

衣装はあまりお金がなかったので、通販で安いものを探して月1万円前後でおさえるようにしていました。

接客は昼と夜の仕事では種類が違う

キャバクラで働いて思った事は、昼の接客と接客の種類が違うと言う事です。

私は昼も接客の仕事をしていて役職もついていました。お客様からも私の接客については定評があり自分自身も接客には自信を持っていました。

同じ接客業だからキャバクラも難なくこなせると思っていましたがそうではありませんでした。

見た目のそこそこ自身があったのでキャバクラなんて楽勝だと思っていました。

私は敬語を使い低姿勢で謙虚に丁寧な接客をしていました。

しかし、キャバクラに来るお客様は敬語で丁寧な接客をされると疲れてしまうのです。

お客様とフレンドリーに接する事で人気がでる

感じが良いはずの私が毎日何度もチェンジさせられてプライドが傷つきました。

さほど美人でもなく地味でどちらかと言えばさえないのに、なぜか人気がある女の子がいて、その子のヘルプに入った時に観察していると、その子は誰に対しても敬語を使わず、初対面でも自分の父や恋人とでも話すような感じで話していました。

少し天然のような感じで隙があり、お客様に突っ込まれることも多く、突っ込まれるたびに子供のように笑います。

きつい話し方ではないけれど、普通ならお客様に対して言いにくいような事も軽い感じで言えるし、お客様からしたらフレンドリーで親しみやすく作っている感じがないから人気があるんだと感じました。

接客についてとても勉強になりました。

もうひとつキャバクラで働いてみて思ったのは、芸能人とお付き合いしている人が意外と多いなと思いました。

青森県のキャバクラでしたが、ある歌手と10年付き合っている人など結構いた事にビックリです。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の口コミ・体験談は以上になります。

当サイトでは、他にもたくさんの口コミ・体験談を公開していますので、そちらもご覧ください。

 

ちなみに、お水の仕事を探すなら、お水系の仕事情報が充実している「バイトル」がおすすめです。

バイトルでお水系の求人を探すには『職種から探す』⇒『ガールズバー・キャバクラ・スナック』と進んでください。

バイトルの公式サイトはこちら

 

なお、他の仕事情報サイトもチェックしたい場合は、下記のページを見てください。

お水系の仕事情報サイトまとめ

 

また、お水系のドレス通販サイトをまとめたページも公開中です。

お水系のドレス通販サイトまとめ