求人サイトを見て池袋西口にあるキャバクラでお水の仕事

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、池袋西口のキャバクラで働いていた女性の体験談をご紹介します。

お給料や、勤務先の選び方、仕事内容などがわかる体験談です。

求人サイトを見て池袋のキャバクラでアルバイト

29歳で池袋のキャバクラで働いていたときの話です。

過去のキャバクラ経験を元に、また新しいお店で頑張ろうと思って働きました。きゃばきゃば、という求人サイトでお店を見つけました。

在籍している女の子の雰囲気や条件をみて、ここなら受かるかな?とサイトを見て判断しました。

出勤日数は週3日でなるべく多く出てほしいと言われました。勤務時間はオープンからラストまでいました。ポイント制で本指名、場内、ドリンクバックなどが決まっていました。

衣装は自分で購入したものを着ていましたが、前に働いてたときのお店で着ていたものを着用し新しく買ったドレスはありません。

同僚の女の子が新しいドレスを買ったので着る回数が少ないドレスを譲ってもくれました。

池袋のドレス屋で、3000円程度のドレスを3着購入して着ていました。

池袋西口付近の客層や会話について

池袋西口のキャバクラで働きましたが、客層はサラリーマンよりもサラリーマンでない方の方が多かったと思います。

ひとり、二人でくるお客さんよりもグループ(5人以上)でくる団体さんが多くソファの席に座ると移動がしずらかったです。

一度ついたお客さんとは別のお客さんについて「さっきあそこに座ってた子だよね?」と言われて女の子少ないのこの店?と聞かれたりもしました。

団体さんにつくと、一人目のお客さんになんの繋がりですか?どこで飲んでたのですか?などの会話をし尽くしていることが多く、それ以外の話で盛り上がればいいのですが、また同じことを聞くのもおかしいのでそれが嫌でした。

逆に、近くに座った女の子とその子についているお客さんと合わせて4人でおしゃべりをしたり、ドリンクを作り合ったりと協力しあえる場面もありました。

お水の仕事でシャンパンを飲むことが大変だった

自分よりも年下のお客さんとしゃべることが苦手だったのですが、年上よりも年下のお客さんにあたることが多くおしゃべりすることに苦労しました。

また、シャンパンがよく出るお店で飲むのが大変でした。

シャンパンを飲んで顔を赤くしていて、新しいお客さんについていたらまたその席でシャンパンを注文されて嬉しいのですが、もう飲めませんよーと内心思いながらも美味しそうに飲むフリをするのが大変でした。

酔っぱらってテンションが上がる最初のうちはよいのですが、本格的に酔っぱらってくると眠たくもなり、接客に身が入らなくなってくるのでシャンパンばかり飲む日は神経を使い、身も心もくたくたになりました。

一緒に働く女のことは待機の時間にたくさんおしゃべりをして仲良しだったので働きやすいお店でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の口コミ・体験談は以上になります。

当サイトでは、他にもたくさんの口コミ・体験談を公開していますので、そちらもご覧ください。

 

ちなみに、お水の仕事を探すなら、お水系の仕事情報が充実している「バイトル」がおすすめです。

バイトルでお水系の求人を探すには『職種から探す』⇒『ガールズバー・キャバクラ・スナック』と進んでください。

バイトルの公式サイトはこちら

 

なお、他の仕事情報サイトもチェックしたい場合は、下記のページを見てください。

お水系の仕事情報サイトまとめ

 

また、お水系のドレス通販サイトをまとめたページも公開中です。

お水系のドレス通販サイトまとめ