中野駅近くにあるキャバクラで体験入店してアルバイトを始めた

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、中野駅近くにあるキャバクラで働いていた女性の体験談をご紹介します。

お給料や、勤務先の選び方、仕事内容などがわかる体験談です。

キャッチされて中野駅近くのキャバクラで体験入店

私が25歳のころ、中野駅からすぐのキャバクラで働いていました。たまたま中野に遊びに来ていたときに、黒服のキャッチのお兄さんに声をかけられたのがきっかけです。

当時の私はお金に苦労していたわけでもなかったのですが、お店まで連れていき話を聞きました。

もちろんそんな店はテレビでしかみたことがなかったから、いまでもその光景は鮮明に覚えていますが、普段はもっとキラキラしてるだろう、開店前の誰もいない店内はこういうものかと興味深々でした。

衣装はレンタルしてくれる、給料は週払い、専属になると時給がアップする、私はネイルしてないから、ネイルしたほうがいいのかなど話を聞いて名刺をもらって帰りました。

それから数日経つと、その店員さんから私の携帯に電話が。軽い気持ちで一日働いてみない?と。あれから実は気になっていたので、興味半分、怖さ半分でうけてみることに。

女の子のヘルプでつけられるも…

衣装は金ピカのチャイナドレスを選択。でも髪型は自分でセットしなければいけないから、なんだか想像とは違う田舎から出て来てがんばってます!みたいな感じの仕上がりでした。

でも始めてしまったからしょうがないと自分に言い聞かせ、黒服のお兄さんに呼ばれるまで待機です。

始めたばかりだと、顔を覚えてもらわなければいけないので、やたらに呼ばれてメインの女の子のヘルプでつけられました。

もちろん女の子ともあいさつくらいしかしてないから、気の利いたことも言えず、ただただ笑っていることしかできません。途中途中息抜きになんどトイレに行ったことか。

帰宅の時間になり、担当の黒服のお兄さんにもうちょっと続けてみない?と言われたので、なんとなくもう少し続けてみることにしました。

キャバクラのチークタイムについて

話には聞いていたのですが、その店なんとチークタイムがあるんです。

男性側から誘われるほうが多いのですが、シャイな方は誘えない。そこで女の子から誘わなければいけないのです。

というのも誘うとポイントが入り、時給がアップする。だからがんばるのです。

店内が暗くなり、お決まりの音楽が流れると、目で合図をしてエスコートする。

体を密着させ、ひたすら時間が過ぎるのを待つ。常連さんが多いからかいやらしいことをする男性はいないのが救いですけどね。

いまでもメリージェーンを聞くと、複雑な気持ちになってしまいます。

軽い気持ちでのアルバイトだったのが…

最初会社員だったので単なるバイトだったのですが、会社を辞め専属の時期もありました。

そうなると別に朝も起きなくてもいいから、仲のよい女の子と深夜のカラオケにいくこともしょっちゅう。

いつのまにかそれなりにエンジョイしてましたね!

でも専属になったことはお店には話してはいないんです。だって毎週一回出勤前に会議にでなきゃいけないから。

いつのまにかずる賢くもなっていましたね!

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の口コミ・体験談は以上になります。

当サイトでは、他にもたくさんの口コミ・体験談を公開していますので、そちらもご覧ください。

 

ちなみに、お水の仕事を探すなら、お水系の仕事情報が充実している「バイトル」がおすすめです。

バイトルでお水系の求人を探すには『職種から探す』⇒『ガールズバー・キャバクラ・スナック』と進んでください。

バイトルの公式サイトはこちら

 

なお、他の仕事情報サイトもチェックしたい場合は、下記のページを見てください。

お水系の仕事情報サイトまとめ

 

また、お水系のドレス通販サイトをまとめたページも公開中です。

お水系のドレス通販サイトまとめ