新宿歌舞伎町にあるキャバクラでキャバクラ譲のアルバイト

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、新宿歌舞伎町にあるキャバクラで働いていた女性の体験談をご紹介します。

お給料や、勤務先の選び方、仕事内容などがわかる体験談です。

新宿歌舞伎町でキャバクラのアルバイト

私は大学時代の20歳の時に、新宿歌舞伎町でキャバクラのアルバイトをしていました。

当時の私は、仕送り額に不満をもっていて日中のアルバイトでは飲み会や化粧品代、ファッションにかけるお金が全然足りなかったので、友人の紹介でキャバクラで働こうと決意しました。

友人が務めるキャバクラは若い子がメインで同世代の女の子がたくさん在籍していたことと、なにより友人が在籍しているという安心感から、すぐそのお店で働くことを決めました。

そのお店では時給は「3000円スタート」でした。店長から話を聞くと3000円というのは最低ラインだから、場内指名や本指名をとったり売り上げを上げていくうちにどんどん上がっていくことを説明されました。

時給も良くて衣装も自分で購入するようになった

私は大学との両立でしたので、まずは週3日、20時から24時の4時間勤務をすることになったので単純計算で1日に12000円、一週間で48000円を稼ぐことができました。

今までは時給1000円くらいのアルバイトをしていたので初めてお給料をいただいたときはこんなにいただいて良いものかとびっくりしたものです。

しかし、すべてを自分の自由に使えるわけではなく、キャバクラで働いているということはそれなりに身だしなみにも気を使わなければいけなくなりました。

最初は友人に借りていた衣装なども自分で購入するようになり、だいたい月に1万円ほどを衣装代として使っていました。楽天やamazonなどでナイトワーク向けのドレスがたくさん売られているのでとても便利です。

また、美容室代も最初のほうこそかかっていましたがショートカットのほうが似合うとお客様に言われて髪を切ってからは自分でヘアセットをするようになったので負担はだいぶ減りました。

初めてのナイトワークで気を付けていたこと

私の在籍していたお店では、女の子同士の派閥などはありませんでしたが、やはり夜の世界なので暗黙のルールのようなものはあり、売り上げが高い子が使い勝手が良いロッカーや待機の場所を使用していました。

それでも女の子同士は仲の良いお店だったので楽しく働くことができてよかったと思っています。

そして初めてのナイトワークは、気を遣わなければいけないことがたくさんで勤務してから1か月はお酒のつくり方や席の外し方、営業メールの仕方などたくさんの悩みがありました。

ですが、場をこなしていくうちに自然と席でのマナーやお客様が楽しんでいただける会話などが身に付き、それに応じて売り上げも上がり、最終的には時給が「4500円」まで上がりました。

キャバクラで働いたことによって、コミュニケーション能力が身に付き、それは社会人になった今でもとても役立っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の口コミ・体験談は以上になります。

当サイトでは、他にもたくさんの口コミ・体験談を公開していますので、そちらもご覧ください。

 

ちなみに、お水の仕事を探すなら、お水系の仕事情報が充実している「バイトル」がおすすめです。

バイトルでお水系の求人を探すには『職種から探す』⇒『ガールズバー・キャバクラ・スナック』と進んでください。

バイトルの公式サイトはこちら

 

なお、他の仕事情報サイトもチェックしたい場合は、下記のページを見てください。

お水系の仕事情報サイトまとめ

 

また、お水系のドレス通販サイトをまとめたページも公開中です。

お水系のドレス通販サイトまとめ