六本木にあるクラブに体験入店して21歳から水商売を始めた

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、六本木にあるクラブで働いていた女性の体験談をご紹介します。

お給料や、勤務先の選び方、仕事内容などがわかる体験談です。

六本木のクラブで体験入店から水商売を始めた

21歳から23歳まで六本木のクラブで働いていました。当時テレビでキャバ嬢特集がよく組まれていて、綺麗なドレスを着てメイクアップしている女の子達に憧れたことがきっかけで働いてみよう思いました。

10代の頃からブランドや高級品が好きだったので、大人になったら自分で稼いでたくさん買いたいと思っていた事もあります。

自分もきれいになれて、夢が叶って、お客さんも喜ぶなんて全員が幸せになれる素敵な仕事だと考えて業界に飛び込みました。

六本木や新宿は夜繁華街にいればキャッチの人が声をかけてくれます。

水商売系の仕事は彼等が知り尽くしているので自分が興味ある業種を伝え、まずは体験入店から始めました。

クラブの労働時間や日給

その頃はクラブとキャバクラの違いが分かっていなかったので高級そうなイメージのクラブにターゲットをひとまずしぼりました。

あとは自分の好みに合うお店や店員さんと相性が良かったお店などピンと来たお店で働こうと考えて新宿と六本木を10件ほど巡って決めました。

最初に働いたお店は特に理由はなく本当にフィーリングで決めました。

美容室とドレス屋さんを持っている六本木のクラブで、週5で20時から1時勤務、ヘアメイク必須、遅刻欠勤罰金有りのお店でした。といってもこれ等のルールはどこのお店も大体同じです。

日給制で確か27,000円だったと思います。自社美容室があるのでヘアメイク代は無料なのが良かったです。

お客さんにドレスを買ってもらえる様になって

衣装は無料レンタルもありましたが働いているうちに自分のドレスがほしくなるので、営業前後に六本木にたくさんあるドレス屋さんに仲良くなったお店の子とよく行きました。

ドレスは3000円位からありますが、有名ホステスさんになると5万円10万円はするドレスを着ていました。

働き始めた頃の私は数千円のドレスでしたが次第にお客さんがついてくると買ってもらえるようになるのでドレス代はかからなくなりました。

自社のドレス屋さんは高いのと、当時の私たちには大人過ぎてむしろおばさんぽく見えていたので最後まで買うことはありませんでした。

水商売はキャバクラから始めると良い

その後業界のことが分かるようになって気づいたのですが、若い頃はキャバクラがいいです。

キャバクラでも高級店はクラブより高いし、その分女性もとてもきれいで意識の高い人ばかりで刺激を受けますし、お客さんとも年齢が近くなるので出会いのチャンスもあります。

クラブはママや店長さんが絶対だし、お客さんも年配の決まった方ばかりなのでビジネス感が強くなります。

それと縦社会なのでお姉さんやママをたてないといけない雰囲気があり、社会経験は積めますが自由さには欠けます。

自分の個性に合ったお店を探すことが大切だと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の口コミ・体験談は以上になります。

当サイトでは、他にもたくさんの口コミ・体験談を公開していますので、そちらもご覧ください。

 

ちなみに、お水の仕事を探すなら、お水系の仕事情報が充実している「バイトル」がおすすめです。

バイトルでお水系の求人を探すには『職種から探す』⇒『ガールズバー・キャバクラ・スナック』と進んでください。

バイトルの公式サイトはこちら

 

なお、他の仕事情報サイトもチェックしたい場合は、下記のページを見てください。

お水系の仕事情報サイトまとめ

 

また、お水系のドレス通販サイトをまとめたページも公開中です。

お水系のドレス通販サイトまとめ