東京の新橋、神田、浅草橋のキャバクラでキャバ嬢のアルバイト

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、東京の新橋、神田、浅草橋のキャバクラで働いていた女性の体験談をご紹介します。

お給料や、勤務先の選び方、仕事内容などがわかる体験談です。

東京の新橋、神田、浅草橋のキャバクラでアルバイト

働いていた時の年齢は24〜28歳まで、東京の新橋、神田、浅草橋などサラリーマン街で働いていました。

24歳の時に離婚をし、一人暮らしを始めたときに、友人に誘われて働くことにしました。もともと夜の仕事に興味もあったので、特に抵抗もありませんでした。

色々なキャバクラに行きましたが、基本はアルバイトの求人サイトで探していました。

スカウトを利用したこともありましたが、自分でお店を探すことの方が多かったです。

お店を選ぶポイントは、まず勤務地。サラリーマンのお客様との接客が得意だったので、そこは譲れないポイントでした。その次はやはり時給、バック部分ですね。

勤務先の労働条件は、店によって違いましたが基本自由でした。私は週5、オープン〜クローズまで働いていました。

衣装は譲ってもらったり自前でドレスを購入

衣装は初めの頃はお店から借りていましたが、やはり自前の衣装が欲しくなり、友人の不要になったドレスを譲ってもらい、その後、自分で購入しました。

衣装の購入は、キャバクラが多くある地域によくあるドレスショップ、店に売りに来る業者さんから購入していました。

初めの頃は3000円〜5000円のものを購入しておりましたが、最終的には2万円前後のドレスを購入していました。

購入しない月もあったので、平均すると月1万円前後かなと思います。

水商売をしていて印象に残ったこと

水商売をやっていて印象深かったことは、初めて体験入店に行ったお店で、フリーのお客様から場内をいただき、お帰りになった2時間後くらいに本指名で再来店されたことです。

まだ水商売の右も左もわからない状態でしたが、もしかしたらこの仕事向いているのかも!?と思いました。

向いているかと思いましたが、やっぱり甘く無いのが水商売でした。落ち込むこと、傷つくこと、気にしすぎたりと心が痛むこともありました。

けれど、綺麗に着飾ってお客様とお話しして喜んでもらえた時、そしてそのお客様が自分の本指名で戻ってきてくれた時、やりがい、達成感を感じました。

エスコートの仕事もキャバ嬢も楽しくできた

女の子や、ボーイさん、担当さんなどとワイワイ盛り上がりながらお仕事をするのも楽しかったですね。仕事終わりに朝までみんなで飲みに行ったり、毎日キラキラワイワイ楽しい日々を送っていました。

私はキャバ嬢だけでなく、エスコートのお仕事もしていました。

エスコートのお仕事はお客様のご案内や延長交渉、ボーイ的お仕事が中心でしたが、女の子のフォローなども任せて頂き、黒子のお仕事もとても楽しくやっていました。

とにかく水商売は女の子がキラキラできるお仕事だと思います。

やはり年齢の壁があるので、長く大きく稼ぐことは難しいですが、それでも一度は経験してみてもいいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の口コミ・体験談は以上になります。

当サイトでは、他にもたくさんの口コミ・体験談を公開していますので、そちらもご覧ください。

 

ちなみに、お水の仕事を探すなら、お水系の仕事情報が充実している「バイトル」がおすすめです。

バイトルでお水系の求人を探すには『職種から探す』⇒『ガールズバー・キャバクラ・スナック』と進んでください。

バイトルの公式サイトはこちら

 

なお、他の仕事情報サイトもチェックしたい場合は、下記のページを見てください。

お水系の仕事情報サイトまとめ

 

また、お水系のドレス通販サイトをまとめたページも公開中です。

お水系のドレス通販サイトまとめ