昼と掛け持ちで始めた愛媛県松山市のラウンジでお水の仕事

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、愛媛県松山市のラウンジで働いていた女性の体験談をご紹介します。

お給料や、勤務先の選び方、仕事内容などがわかる体験談です。

20歳で始めた愛媛県松山市のラウンジでお水の仕事

私が働いていたラウンジは愛媛県の松山市です。当時20歳で大学生でした。

ラウンジで働こうと思ったきっかけは大学生活の遊ぶお金を稼ぐために綺麗な仕事がいいと思いラウンジで働いていました。

そこは1時間1,500円で20:00~24:00の4時間勤務でした。入れるときは週に5日は出勤していました。月収は月ごとに違ったのですがだいたい12~14万円くらいでした。

ラウンジで働く前に時給800円の居酒屋で働いていたのですが、居酒屋で働いていた時にラウンジのママに声をかけてもらい、それがきっかけでそのラウンジで働き始めました。

初めは居酒屋のバイトと掛け持ちしていた状態だったため入れるときにラウンジに出勤していました。

衣装は借りたり自分でドレスを購入

衣装は持っていなかったので、初めはラウンジのママから借りたりしていましたが給料が入るようになり自分で購入して買うようになりました。

ラウンジでの仕事は長く続けるつもりはなかったので衣装代には極力お金を使わないようにしていました。

購入していたお店はINGNやセシルマクビーで1着4,000~5,000円のドレスを購入していました。

初めは衣装もなかったので給与の半分は衣装代になっていましたが、衣装も多くなってくると衣装代は月1万前後、2~3着程度の購入で収まるようになりました。

印象に残る紳士的なお客様の話

仕事で印象的なお客様はとても紳士的な方で、会社の社長をされている方でした。その方は私が出勤の時には必ず顔を出してくれ20歳だった私を一人の社会人として接してくれたことでした。

キャバクラやラウンジなどの水商売は女性は男性のお酒のお供程度の存在でありお酒の入った空間で「女」としての存在でしか見ていないとこが多いのです。

もちろんそれを承知で私も水商売に足を踏み入れたのですが。そのようなお客様の対応が当たり前になっていたときに出会った方なのでとても刺激的でした。

その方とは今でも年賀状や暑中お見舞いなどのやり取りは続けさせて頂いております。そのようなお客様と出会えたのも少しの配慮がきっかけであったと思います。

お水の仕事で心がけていたこと

私はお客様とご飯へ行く際に気を付けているとこがまずはテーブルに着いたときに確認する、つまようじの位置です。

中高年の方は食事後にだいたいつまようじを使用します。食事が終わりそうなときに目につく位置に移動したりそっと近くに寄せて置くことは毎回実践していました。

使おうと思っていた時に探さずにすぐに手に入るというのは、とても好感を持たれました。

食事に行った後からご指名を頂くことが多くなったため、食事にいくことが仕事中よりも気が張る時間でした。

キャバクラやラウンジは良い経験が得られる場所

ラウンジでの同僚は2人いたのですが、少ない人数だったため大きなトラブルはなかったように思います。しかし女の嫉妬は多少あり、指名をもらえない女の子から嫌味を言われることもありました。

嫌な思いをしたこともありますが、結局お金のためと自分の経験のためにと働いていたため、女の嫉妬ごときでモチベーションは落ちませんでした。

キャバクラやラウンジで働くことに対してあまりいいイメージをお持ちでない方もいらっしゃると思うのですが、細やかな気遣いや経験は得られる職業ではないかと今になって思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の口コミ・体験談は以上になります。

当サイトでは、他にもたくさんの口コミ・体験談を公開していますので、そちらもご覧ください。

 

ちなみに、お水の仕事を探すなら、お水系の仕事情報が充実している「バイトル」がおすすめです。

バイトルでお水系の求人を探すには『職種から探す』⇒『ガールズバー・キャバクラ・スナック』と進んでください。

バイトルの公式サイトはこちら

 

なお、他の仕事情報サイトもチェックしたい場合は、下記のページを見てください。

お水系の仕事情報サイトまとめ

 

また、お水系のドレス通販サイトをまとめたページも公開中です。

お水系のドレス通販サイトまとめ