上京して東京・歌舞伎町のキャバクラでお水の仕事

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、歌舞伎町のキャバクラで働いていた女性の体験談をご紹介します。

お給料や、勤務先の選び方、仕事内容などがわかる体験談です。

上京して、お水の仕事探し

22歳のころ歌舞伎町のキャバクラに勤務していました。

地方に住んでいましたが、時給がや安く稼げないため上京することにしました。

しかしどこのお店がいいのかわからず迷っていたところ、知り合いに紹介してもらったスカウトの方にお願いしました。

東京にはキャバクラ、クラブ、ガールズバー、スナックなど様々なお店があり、何店舗か体験入店してお店を選ぶのがいいとのことでした。

またエリアも歌舞伎町、六本木、銀座、池袋、上野などたくさんあり、場所によって雰囲気も違いました。

その時は新宿区に住んでいたため、歌舞伎町を中心に体験入店してお店を探しました。

その中で内装もきれいで従業員の方や働いている女の子も優しいお店に決めました。

キャバ嬢の給料や勤務条件は・・・

出勤日数は週4~5日、出勤時間は21時~25時、時給5000円からのスタートでした。

そこから売り上げをあげると時給がアップし、指名やドリンクのバックがプラスされます。

しかしノルマもあり、週に2回同伴や指名をとらなければ罰金をとられます。また遅刻や病欠で休んだとしても罰金を払わなければいけませんでした。

私の働いているお店はきちんとしているお店でしたが、ノルマがないお店でゆるく働けるところもありました。ただ、そういうお店は時給などが安いため、ノルマがあるお店で働いていました。

キャバ嬢のドレスやヘアメイク

衣装はお店でも借りられましたが、みんな自前の衣装を着ていました。毎日着るものですし、レンタルのものはかわいいものが少なくレンタル料をとられる場合もありました。

またお店のイベントの日にはドレスの色の指定があったり、コスプレを着なければ出勤できない日もありました。ヘアメイク必須で安くても1000円くらいはかかります。キャバクラで働くのに出費も結構かかるんだなぁと思いました。

歌舞伎町にはドレス屋さんがたくさんあり、買うところには困りませんでした。ネットでも買えましたが、試着してから買いたいのでほとんど近くのお店で購入していました。

月にドレスやアクセサリー代で2万円くらい使っていました。

キャバクラでの仕事は・・・

初めは出費も多く、仕事に慣れるまで大変でしたが、自分のお客さんができると嬉しく仕事にやりがいもでてきました。

ただお客さんには色々な人がおり、仕事を辞めたくなることもしばしばありました。席についてブスや話がおもしろくないなど、ひどいことを言われることや、好きだからつきあってくれとせまってくる人もいました。

私の友達の中にはお客さんからストーカーされることもあった様です。

キャバクラは楽に稼げると思っていましたが、最初の出費やお客さんの対応に大変なこともたくさんありました。

でもいいお客さんの多く、比較的楽しく働くことができました。今は辞めてしまいましたが、たまにまたキラキラした世界で働きたいなぁと思うこともあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の口コミ・体験談は以上になります。

当サイトでは、他にもたくさんの口コミ・体験談を公開していますので、そちらもご覧ください。

 

ちなみに、お水の仕事を探すなら、お水系の仕事情報が充実している「バイトル」がおすすめです。

バイトルでお水系の求人を探すには『職種から探す』⇒『ガールズバー・キャバクラ・スナック』と進んでください。

バイトルの公式サイトはこちら

 

なお、他の仕事情報サイトもチェックしたい場合は、下記のページを見てください。

お水系の仕事情報サイトまとめ

 

また、お水系のドレス通販サイトをまとめたページも公開中です。

お水系のドレス通販サイトまとめ