19歳から都内のキャバクラでキャバ嬢になって

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、都内のキャバクラで働いていた女性の体験談をご紹介します。

お給料や、勤務先の選び方、仕事内容などがわかる体験談です。

キャバクラのボーイさんと知り合いお水の世界へ

私は高校を卒業してから、進学するわけでもなく、何か目標や夢があるわけでもなく、コンビニなどのアルバイトを転々としながらフリーター生活を送っていました。

そんなときに、東京都内のとあるキャバクラに勤めるボーイさんと出会いました。

それまで夜の世界とは無縁だった私ですが、彼の話を聞くうちにキャバクラで働いてみたい、もしかしたら面白いかもしれない、と好奇心が沸いてきました。

そんな軽い気持ちでキャバクラで働くことを決めました。当時まだ19歳でした。

話はとんとん拍子に進み、彼が勤めていたお店でそのまま雇ってもらえることになりました。

キャバクラでの給料は・・・

最初の頃は、週3回くらい出勤して、1回の勤務時間が6時間くらい。

普通のバイトに比べたら破格の時給で、しかもお給料の一部が日払いで貰えたので、金遣いは自然に荒くなっていたと思います。

でも日払いで貰える分、すぐに使ってしまっていたから、結局あまり貯金は貯まらなかったな…

キャバ嬢の衣装(ドレス)は・・・

衣装(ドレス)は最初の頃はお店にある貸出用のドレスを着ていました。あとは仲良くなった先輩におさがりを貰ったり…

でもやっぱり自分に似合う、自分好みのドレスが着たくて途中からは通販などで購入していました。今はネットでなんでも買えちゃうので本当に便利です。

お値段も3000円くらいのお手頃なものから、2万くらいするものまで幅広く、新人のまだお金がない女の子は安くて手軽なものを、ベテランのお姉さんは高級ドレスを…という感じでした。

衣装代に使っていた金額は月3000円くらいかな…。私はあまりドレスにお金をかけるタイプではなかったので。笑

キャバ嬢の仕事内容は・・・

仕事に関しては、本当に色々なことがありました。

夜の世界には夜の世界のルール、常識があって、夜の仕事には夜の仕事のルール、常識がある。

ずっと昼のバイトしかしていなかった私は最初は戸惑って、ミスをしてばかりでした。

当時働いていたお店の店長が厳しい人だったので、よく呼び出されて、怒られて…反論すると更に怒られて… よく泣いていました。

もうやめてやる!と何度思ったことか。でも不思議と本当にやめることはなくて、なんだかんだ続けていました。たぶんどこかで「今に見てろ!見返してやる!」っていう気持ちがあったんだと思います。笑

お水の仕事を続けていると・・・

そんなこんなで続けているうちに、自然と自分のことを気に入ってくれて指名してくれるお客さんもできてきて、だんだんと仕事が楽しいと思えるようになってきました。

今はもう結婚して、キャバ嬢はやめてしまいましたが、当時経験したこと、そして当時出会った人たちのことはたぶん一生忘れないと思います。

世間的にみてあまり褒められた仕事ではないかもしれませんが、私はこの仕事を経験できて、本当によかったと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の口コミ・体験談は以上になります。

当サイトでは、他にもたくさんの口コミ・体験談を公開していますので、そちらもご覧ください。

 

ちなみに、お水の仕事を探すなら、お水系の仕事情報が充実している「バイトル」がおすすめです。

バイトルでお水系の求人を探すには『職種から探す』⇒『ガールズバー・キャバクラ・スナック』と進んでください。

バイトルの公式サイトはこちら

 

なお、他の仕事情報サイトもチェックしたい場合は、下記のページを見てください。

お水系の仕事情報サイトまとめ

 

また、お水系のドレス通販サイトをまとめたページも公開中です。

お水系のドレス通販サイトまとめ