京都の木屋町や祇園で18歳からコンパニオンのアルバイト

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、京都の木屋町や祇園で水商売をしていた女性の体験談をご紹介します。

お給料や、勤務先の選び方、仕事内容などがわかる体験談です。

生活費のために18歳からお水の世界へ

当時、18歳になった私は、京都の木屋町のガールズバーで働くようになり、その半年後には同じく木屋町でキャバクラ、また半年後には祇園でキャバクラやクラブ、ラウンジを転々とするコンパニオンというアルバイトを行って生計を立てていました。

私は、母子家庭で育ち、母のパート代だけでは苦しく、借金ももちろんありました。高校生になってすぐに飲食店でのアルバイトを行っていましたが、いつもポストには赤い封筒に入った請求書の山。

ガスが止まり、寒い冬もお風呂で冷水をかぶることもザラにあり、高校に通うバス代もたまに友達に借りていて、只々、お金が必要でした。

そんな悔しい恥ずかしい思いから18歳になったら水商売をする!と決めていました。

お水の仕事探しの基準

はじめは水商売をしている友達も居ませんでしたから、スマホで「京都 水商売 求人」などと、検索をし続け、様々なサイトと見比べて何百店舗もある中から選びました。

私のお店選びの基準は、基本的に系列店があるお店は何店舗も経営できるだけの何かしらの力があるんだと考えていたので、系列店が何店舗かあるお店を選び、可愛いホームページもしっかりと更新されており、更新率が高いお店に行くようにしていました。

勤務条件とお給料は・・・

大学との両立で、シフトは完全に自由だったので、週3~4の金土日などを中心に出勤し、当時は風営法もそれほど厳しくなかったようなので、長くて21時~2時まで働いていました。

初心者は時給3000円スタートなので、はじめの頃は日当15000~17000円(歩合制含む)でした。

頑張ったら頑張った分だけというのもあり、自分次第なので、普通にニコニコ笑顔で居るだけで月25万~30万円で、大学生にしては、とても魅力的な金額でした。

衣装は、お店にもありましたが、あまり可愛くなかったり、サイズが合わなかったので、私は、自分で通販サイトで購入していました!通販サイトは3000円代のものでも可愛い衣装が販売されていたので、私は、衣装は月1万円以内と決めて月に2~3着購入していました。

お水の仕事内容は・・・

このお仕事は、お客様と楽しくおしゃべりするのがもちろんメインです。

店内は、基本的には、笑い声で溢れていますし、楽しい雰囲気は満載です。

しかし、接客中でも一緒に付いた別のキャバ嬢とは、目で合図して、お客様にお酒を頂くタイミングを計ったり、すれ違いざまや、私に抱き付いてきたかと思えば、耳元で、「邪魔。」や「あんたが早く飲みきらんから、次、おろしてもらえんやろ、はよ飲め。」と言われたり、接客中は、まさに戦場です。

仲良くなっても裏切られるのは、当たり前ですし、私に常にベッタリ妹のようにくっついていた子も、お客様の間で当時流行っていた掲示板サイトに私の事を「ヤリマン嬢」なんて書かれたり、カバンの中を勝手に漁られたりと散々でした。

そんな裏では、すごいことになっていましたが、お客様に応援してもらえたり、指名を頂けることが私の当時の救いでした。

もちろんそんな女の子達をよそに着実に成績やノルマを達成することにやりがいを感じていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の口コミ・体験談は以上になります。

当サイトでは、他にもたくさんの口コミ・体験談を公開していますので、そちらもご覧ください。

 

ちなみに、お水の仕事を探すなら、お水系の仕事情報が充実している「バイトル」がおすすめです。

バイトルでお水系の求人を探すには『職種から探す』⇒『ガールズバー・キャバクラ・スナック』と進んでください。

バイトルの公式サイトはこちら

 

なお、他の仕事情報サイトもチェックしたい場合は、下記のページを見てください。

お水系の仕事情報サイトまとめ

 

また、お水系のドレス通販サイトをまとめたページも公開中です。

お水系のドレス通販サイトまとめ