東京・板橋区のキャバクラで人見知り克服のためアルバイト

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、板橋区のキャバクラで働いていた女性の体験談をご紹介します。

お給料や、勤務先の選び方、仕事内容などがわかる体験談です。

人と話すことが苦手だったけど・・・

私は当時19歳の専門学生でした。元から人見知りだった私は人と話すことが苦手でした。

ふと就職活動のことを考えたときに、このままではダメだと思いました。そこで思い浮かんだのがキャバクラでした。

コミュニケーションの練習にもなるしお金まで貰えるなんてこんなに素敵な仕事はないと思いすぐキャバクラで働き初めました。

未経験だった私が想像していたキャバクラのイメージは殺伐とした感じで怖い、いじめがあるんじゃないかというイメージだったので、特に派閥などが激しそうな新宿や池袋は避け、最初は家の近くの板橋区にあるお店で働き始めました。

お店探しはキャバクラの求人サイトを使いました。ネットから体験入店の申し込みをし、日程を決めていざ体験入店に行くと、思っていたイメージとは違い女の子も優しくボーイさんも丁寧な方で即決で入店を決めました。

キャバクラでの仕事やお給料は・・・

出勤は週3~4日で、1日の勤務時間は平日は約5時間、週末は約7~8時間でした。未経験ということもあり時給は保証給で2,500円でした。

衣装はあまり露出がないものを選ぼうと思い、確実に売ってるであろう新宿のサブナードに買いに行きました。最初は2着買い、その後は2ヶ月に1着ペースで買っていました。

ドレスは1着1万円いくかいかないか位の金額だったと思います。普段着ることのないドレスにヘアメイクをして出勤の度にワクワクしていました。

しかし、いざお客様の隣に座るとうまく話せなかったりなかなか会話が盛り上がらない。

無言になると気まずいから何か話さなきゃと思えば思うほど空回りして話せないなんてことが頻繁にありました。その度に落ち込んでいました。

先輩にもらった接客のアドバイス

そんなある日、そのお店で仲良くなった先輩にそのことを相談したところ、いちいち気にしちゃだめだよと言われました。

もちろんお客様は安くないお金を払って飲みに来ているわけだから最低限の仕事はしなくちゃいけないけど私達だって人間なんだからお客様と合う合わないはあるし気にすることないよ!友達と話すみたいに気楽にやってみなと言われました。

そして先輩から言われたことに気をつけて席についてみると自分でも別人かと思うくらいいろいろな話ができました。

なによりお客様が楽しそうにしてくれるのが私も嬉しかったんです。また来るね、指名で来るねと言っていただけた時が何よりも嬉しかったです。

今となっては人見知りだった自分が懐かしいです。

就職活動をしているときの面接試験でもきちんと自分の意見を述べることができ、面接もうまくいきました。

ちなみに、その時アドバイスをくれた先輩とはお店をやめた今でも仲良くしてもらっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の口コミ・体験談は以上になります。

当サイトでは、他にもたくさんの口コミ・体験談を公開していますので、そちらもご覧ください。

 

ちなみに、お水の仕事を探すなら、お水系の仕事情報が充実している「バイトル」がおすすめです。

バイトルでお水系の求人を探すには『職種から探す』⇒『ガールズバー・キャバクラ・スナック』と進んでください。

バイトルの公式サイトはこちら

 

なお、他の仕事情報サイトもチェックしたい場合は、下記のページを見てください。

お水系の仕事情報サイトまとめ

 

また、お水系のドレス通販サイトをまとめたページも公開中です。

お水系のドレス通販サイトまとめ