学費を稼ぐために埼玉県のキャバクラで働いていました

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、埼玉県北部のキャバクラで働いていた女性の体験談をご紹介します。

お給料や、勤務先の選び方、仕事内容などがわかる体験談です。

学費を稼ぐためお水の世界に

19歳から20歳まで埼玉県北部のキャバクラで働いていました。当時は夜間の高校生でしたが、CAになるために専門学生へ通う事を決めており、その学費を貯めるために学校が終わった21時頃から深夜まで働きました。

朝から学校が始まる夕方までレストランでアルバイトはしていましたが、深夜だったらコンビニで働くよりもお金が稼げると思い、若いうちしかできない過酷な生活をしていました。

お店は高校の近くでもありましたが、自転車で学校に通っていたのでその通り道にある店を選びました。

都内に出る事も考えましたが、それでは通勤時間があるので学校の勉強をする時間がないと思い、通り道にあったキャバクラの面接を受けてみようと軽い気持ちで行ったらその日から働かせてもらえることになりました。

学校にバレることは全く考えていませんでした。今思うと実際ばれなくてよかったなと思っています。

キャバクラでの仕事内容やお給料は・・・

そのキャバクラは出勤時間や日数は自由に決められて学校で残るので少し遅れますっていうのもOKでした。

ただ指名が入っていたりするとできるだけ早く来てーと店長に泣きつかれましたが、お客さんたちも私が学生で学費のために働いているのを知っていたので出勤するまで待っていてくれたりもしました。

お給料は日払いで、指名や同伴などで貯まるポイントによって時給が決まっており、私は派手なタイプではありませんでしたが清楚な感じが受けたのか時給は3000円超えていました。

衣装は自分で用意していました。ネットで買ったドレスもありましたが、基本は同伴で買ってもらった普段着るような可愛い系のワンピースで出勤していてドレスは3着しか持っていませんでした。トータルで2万円くらいだったかと思います。

仕事で気を付けていたこと

仕事をする上で気をつけていたことは、女の子とはつるまないでした。

お客さんを取った取られたが面倒だったので、基本一匹狼ではありましたがどうやらお姉さまに好かれるタイプみたいで。同世代とは話しませんでしたが、お姉さまにお化粧なども教えてもらいました。

あとは長く通ってくれる濃い客を大切にして、時々作るお菓子など手作りプレゼントも喜ばれました。

貰ったらお返ししなくちゃいけないという感じで、同伴してくれたり飲み物や食べ物を頼んでくれたりしました。

メールも決まった時間に朝晩おはよう、おやすみを必ず送ることで絶対私の事を考える時間が1日に2回は作れるので。

今やりたいかと言われたらもうやりたくないですね。男性は褒めてりゃ調子に乗るので簡単ですが、長く通ってもらうのは神経も使いますし疲れます。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の口コミ・体験談は以上になります。

当サイトでは、他にもたくさんの口コミ・体験談を公開していますので、そちらもご覧ください。

 

ちなみに、お水の仕事を探すなら、お水系の仕事情報が充実している「バイトル」がおすすめです。

バイトルでお水系の求人を探すには『職種から探す』⇒『ガールズバー・キャバクラ・スナック』と進んでください。

バイトルの公式サイトはこちら

 

なお、他の仕事情報サイトもチェックしたい場合は、下記のページを見てください。

お水系の仕事情報サイトまとめ

 

また、お水系のドレス通販サイトをまとめたページも公開中です。

お水系のドレス通販サイトまとめ