銀座・新宿のクラブでホステスのお仕事

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、銀座・新宿のクラブで働いていた女性の体験談をご紹介します。

お給料や、勤務先の選び方、仕事内容などがわかる体験談です。

水商売をはじめたわけ・・・

もともと、中学・高校生の頃から写真のモデルをしていたこともあって、水商売のお仕事には興味がありました。

高校生くらいになるとよくキャッチのお兄さんたちにも声を掛けられていたので、やればできるんだろうなという意識もあったかと思います。

あとはキャバクラを題材にした映画や漫画などを目にする機会も多かったので、楽しそうというイメージであまりマイナスな印象は持っていませんでした。

とはいえ、親の目や世間体もあるので実際にいわゆる水商売のお店で働くつもりはあまりありませんでした。

ただ、今思えば大学1年の終わりごろに母親を亡くした反動だと思いますが、テレビのニュースで流れていた「銀座のクラブ専門の派遣会社」の話題に興味を持って、銀座の中規模クラブで働くようになりました。

1年ほど働いたあと、就活を機に一度卒業。就活終了後に新宿の小箱で働いたあと、働いたりやめたりを繰り返して、今は銀座のお店に週1くらいで出勤しています。

勤務先の探し方は・・・

勤務先はだいたいいつもインターネットで探して、直接お店に問い合わせをします。

私の場合、あくまでアルバイトのつもりでいるので、ノルマがないことや出勤日数の縛りが少ないことを重視して選びます。

あとは、友達に見つかりたくないので、できる限りお店の単価が高いお店を選ぶようにしています。

お給料は銀座だと大体時給3,000円前後で、新宿のお店は時給2,000円くらいだったかと思います。

ホステスのドレスやヘアメイクは・・・

銀座のお店では、ドレスはお店に用意してもらっていて、髪の毛は自分でセットしたり、同僚とセットしあったりしていました。

お店で用意してもらえるとはいえ、やっぱり用意してもらっているドレスと自分で選ぶドレスは生地の質やボディラインの出方など全然仕上がりが違うので、多少は自分でも購入していました。

歌舞伎町など繁華街にあるようなドレス屋さんで試着して選んでいました。

完全にお小遣い稼ぎと割り切っていたので、衣装やアクセサリーは数千円程度のもので、絶対にお給料を超えない範囲でと線を区切って買っていました。

最近は衣装やアクセサリーの通販も増えていますが、サイズ感があまりよくわからないので、サイトは見ていましたが面倒で使うことはなかったです。

新宿のクラブでの仕事は・・・

新宿のお店はお給料はそこそこですが、服装も髪型も自由で出勤前の準備が全くいらなかったので、意外と居心地が良かったです。

ただ、新宿のお店はお得意様が長くこまめに通うタイプのお店だったので、一度お客様にロックオンされてしまうとかわすのが大変で、しんどくなってしまってやめてしまいました。

銀座のお店はお客さまの数も多く、一度会ったお客さんに頻繁につくことはあまりないので、アルバイトとして割り切って働くには断然気が楽で続いています。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の口コミ・体験談は以上になります。

当サイトでは、他にもたくさんの口コミ・体験談を公開していますので、そちらもご覧ください。

 

ちなみに、お水の仕事を探すなら、お水系の仕事情報が充実している「バイトル」がおすすめです。

バイトルでお水系の求人を探すには『職種から探す』⇒『ガールズバー・キャバクラ・スナック』と進んでください。

バイトルの公式サイトはこちら

 

なお、他の仕事情報サイトもチェックしたい場合は、下記のページを見てください。

お水系の仕事情報サイトまとめ

 

また、お水系のドレス通販サイトをまとめたページも公開中です。

お水系のドレス通販サイトまとめ