沖縄県那覇市・松山のキャバクラで夜の仕事

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、沖縄県那覇市のキャバクラで働いていた女性の体験談をご紹介します。

お給料や、勤務先の選び方、仕事内容などがわかる体験談です。

キャバクラで働いた理由は・・・

21歳で沖縄県那覇市の松山のキャバクラで働いていました。

大学へ行きたかったのですが資金が調達出来ず親も貧乏で貧困の中で育った私は、親みたいになるもんかとの思いが強く大学へ行ってきちんとした企業で働きたいと言う目標が大きく在りました。

キャバクラで働こうと思った理由は、沖縄のキャバクラは朝方の5時まで営業していることから、勤務時間がすごく長くてお金を貯めるには最高の手段でした。

キャバ嬢のお給料は・・・

土日は寝ずに働き、1日二万円は余裕で稼げました。ドリンクバックや指名料金でガンガン稼いでガンガン飲んで時給2400円に+ドリンクバックが1杯300円程が那覇市の松山では基準だと思います。

指名料金も1000円からとお得で、指名料金は全額そのままいただけるので、如何に自分を綺麗にしていくかはとても重要なのです。

私は、求人サイトの雑誌をコンビニで買って直ぐに電話をかけました。体験日入店があったのですが、1日体験で忙しいお店だったので、すぐに採用させていただきました。

お酒が飲めることで店長からも気に入られましたし、お客さんからもガンガンの飲む子は嬉しいようで気に入られました。

キャバクラでの仕事内容は・・・

勤務先のお店を選んだ理由は9時から5時までの長時間営業のキャバクラだったから。

勤務先の条件は1週間単位でシフトをとっていましたので、1週間自由に楽にシフトを取ることが可能で気楽に働けていました。急なお休みは2000円の罰金が科されるので気を付けていました。

日当は約2万でした。1週間に5日出勤していたので、1週間で10万円稼いでいました。

衣装のドレスは自分で購入

衣装は自分でドレスを購入して着ていました☆お店にも30着ほど用意されていましたが、みんなと衣装を共有するのが嫌でしたので借りませんでした。

しかも衣装は1回1000円のレンタル代とクリーニングが含まれていた。

衣装代は月に4万程(化粧品代も含め)。ヘアセットは自分で美容経験があるのでネイルも同様自分で行っていました。

仕事で心掛けていたことは・・・

とりあえず私が心がけていたのは、お客さんに誘われたら飲みに行ったり、ゴルフに行ったり、付き合いを悪くしない事でした。

せっかく誘ってくれているのに一緒に行かないのは問題です。しかもお客さんには性的な行為を求めてくるような人は少なく、皆さん妻子持ちでも食事だけとかドライブ、観光に付き合ってくれるだけでいいなどとオープンにしていました。

最初からレイプでもしたら警察に届けますからね!など冗談で脅して楽しく場を盛り上げている方が良いんですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の口コミ・体験談は以上になります。

当サイトでは、他にもたくさんの口コミ・体験談を公開していますので、そちらもご覧ください。

 

ちなみに、お水の仕事を探すなら、お水系の仕事情報が充実している「バイトル」がおすすめです。

バイトルでお水系の求人を探すには『職種から探す』⇒『ガールズバー・キャバクラ・スナック』と進んでください。

バイトルの公式サイトはこちら

 

なお、他の仕事情報サイトもチェックしたい場合は、下記のページを見てください。

お水系の仕事情報サイトまとめ

 

また、お水系のドレス通販サイトをまとめたページも公開中です。

お水系のドレス通販サイトまとめ