千葉市のキャバクラで大学生時代にキャバ嬢のアルバイト

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、千葉市のキャバクラで働いていた女性の体験談をご紹介します。

お給料や、勤務先の選び方、仕事内容などがわかる体験談です。

生活費のためにキャバ嬢に・・・

貧乏な大学生時代、千葉市のキャバクラで働いていたことがあります。当時は20歳なりたて、お酒も覚えたての頃でした。

元々は大学の近くの小料理屋でアルバイトをしていたのですが、サークルの活動も熱心に行っていたため、夕方から夜のアルバイトだと働ける時間が限られてきてしまい、生活費の支払いがピンチになってしまっていました。

キャバクラのキャッチにスカウトされて・・・

そんな時、友達との待ち合わせのため駅で時間をつぶしていたら、キャバクラのキャッチにスカウトされました。いつもなら無視してやり過ごしてしまうのですが、待ち合わせの時間までは少し早く暇だったので、なんとなく話を聞いていました。

はいはい、そうなのね〜なんて適当に受け流していたのですが、よくよく話を聞いてみると、そのキャバクラは友達が働いていると聞いたことのある場所でした。

かなり仲のいい友達で、詳しい話も聞いていたし、夜のお店にしては結構良心的な場所だと聞いていたので、とりあえずそのキャッチの人の名刺をもらってその日は終わりました。

後日友達に聞いたところ、キャッチの紹介より友達からの紹介の方が多分時給を良くしてくれるから、1度体験入店してみれば?とのことで、お金に困っていたので即OKしました。

キャバクラに体験入店してみて・・・

体験入店の時給は1,500円でした。とりあえず3時間の予定で体験入店をしていましたが、特に大変さを感じず、お店の方も混んできたので、結局5時間働きました。

その日の給料は手渡しで、本採用になったら月終わりにお金がもらえると聞きました。また、どうしてもすぐにお金が欲しい場合は申請すれば前借りもできるとのことでした。

体験入店で特に大変さを感じなかったため、その場で契約書にサインし、本入店することになりました。

キャバ嬢の衣装は・・・

衣装はお店にも一応用意されていましたが、結構糸がほつれていて安っぽかったので、本気で働いている人たちは自分で用意していました。

私は週2回か3回5時間ほど、気楽に入っていたので、そのためにお金を使うのも嫌で、結局買いませんでした。

ただ、靴とポーチだけは合わせて一万円程度で自前のものを用意しました。

普通のデパートのパーティ用品店で買いました。あと、名刺も最初に一万円程度のものを作りました。これはお店が仲介してくれていたので、給料から天引きでした。

それでもやはり服が安っぽかったので、よく新規のお客さんには、「体験入店の子?」とは聞かれました。逆にそう思われていた方が優しくしてもらえることもあったので、お客さんによっては適当に肯定してました。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の口コミ・体験談は以上になります。

当サイトでは、他にもたくさんの口コミ・体験談を公開していますので、そちらもご覧ください。

 

ちなみに、お水の仕事を探すなら、お水系の仕事情報が充実している「バイトル」がおすすめです。

バイトルでお水系の求人を探すには『職種から探す』⇒『ガールズバー・キャバクラ・スナック』と進んでください。

バイトルの公式サイトはこちら

 

なお、他の仕事情報サイトもチェックしたい場合は、下記のページを見てください。

お水系の仕事情報サイトまとめ

 

また、お水系のドレス通販サイトをまとめたページも公開中です。

お水系のドレス通販サイトまとめ