福岡県久留米市のラウンジとスナックでホステスの仕事

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、福岡県久留米市のラウンジとスナックで働いていた女性の体験談をご紹介します。

お給料や、勤務先の選び方、仕事内容などがわかる体験談です。

お水の仕事を始めた理由は・・・

私は、20~23歳まで、ラウンジ2年間と、スナック1年間でお仕事を務めていました。

妊娠を期にお仕事を辞める事となりましたが妊娠をしていなかったらまだ続けていたかもしれません。

勤務地は、福岡県の久留米市という場所にあたります。

お水で働こうと思ったきっかけは、高校を卒業し就職はしたものの2年程で退職をしてしまい次の仕事を探すまでの繋ぎとして働こうと思いました。

アルバイト雑誌を購入し手あたり次第という形で電話を掛けていきました。

私自身、ラウンジやスナックというお店の名前は聞いたことがあってもお仕事の内容は知らなかったのです。

たまたま、初めてお電話を掛けた場所のラウンジのママがとても対応が優しく接して頂いたということもあり勤めてまいりました。

ホステスの衣装(ドレスやスーツ)は・・・

使用する衣装は、お店にも何着か用意はされております。ですが、自分の体形に合った衣装、その時に応じた衣装が揃っていないので自分で購入しておりました。

私は、スーツが苦手でしたのでミニのドレスを駅郊外まで出向き購入しておりました。

月に2着は必ず購入、ドレスとは別に化粧品、アクセサリー等も購入しておりましたので約3,4万程使っておりました。

夜の業界も流行があり、その時の状況で一変しますので、常に新しいデザインのドレスと着るようにしていました。

お水の仕事の会話術は・・・

お勤めする上で、お客様との会話術は必須でありましたので、ニュースと新聞を見る日々は勉強でしたね。

接客をする上で、気を付けて参りましたことは、どなたに対しても敬語は必ず欠かすことはありませんでした。

お客様をもとより店長、ママ、そこに勤めておられる女性スタッフ、やはり先に勤めておられる方が先輩となるのは当たり前です、それは年齢関係ありません。

私より先に入られた先輩が年下でありましたが、敬語はずっと辞めるまで変える事はありませんでした。

先輩からも、名前の呼び捨てを希望されておりましたが私は出来ませんでしたね。私より後に入られた方も、年下でありましたが敬語を使っておりました。

どなたに対しても自分という有り方を変えないよう心がけて、誠心誠意でのおもてなしをお客様にもお気持ちをそっと添えられる形で、お時間を過ごせますよう努めてまいりました。

お水の仕事を辞めた今でもこの経験は役立っており、どなたに対してもお心添えの配慮は心がけております。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の口コミ・体験談は以上になります。

当サイトでは、他にもたくさんの口コミ・体験談を公開していますので、そちらもご覧ください。

 

ちなみに、お水の仕事を探すなら、お水系の仕事情報が充実している「バイトル」がおすすめです。

バイトルでお水系の求人を探すには『職種から探す』⇒『ガールズバー・キャバクラ・スナック』と進んでください。

バイトルの公式サイトはこちら

 

なお、他の仕事情報サイトもチェックしたい場合は、下記のページを見てください。

お水系の仕事情報サイトまとめ

 

また、お水系のドレス通販サイトをまとめたページも公開中です。

お水系のドレス通販サイトまとめ