名古屋市・錦三丁目のキャバクラで専門学校の学費稼ぎ

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、名古屋のキャバクラで働いていた女性の体験談をご紹介します。

お給料や、勤務先の選び方、仕事内容などがわかる体験談です。

学費のために夜の仕事

私は20歳の頃に名古屋市の錦三丁目でキャバクラの仕事をしていました。

当時専門学校に通っていて、19歳までは生活費の仕送りを親に貰いバイト代を自分の交遊費用にしていました。

しかし成人してから親の仕送りに申し訳なく思い、お酒も飲める年齢になった事から夜の仕事をしてみようと考え始めました。家賃や学費を払う事を考えると時給が良かったためです。

インターネットで探したりしていましたが、やはり初めてで不安でなかなか連絡する勇気がありませんでした。

その頃学校で仲良くなった名古屋出身の友達に話してみました。するとその友人が、実はキャバクラでバイトをしていると言いました。

友人の紹介でキャバクラに体験入店

そこで友人が働く店に話をしてくれ、とりあえず1日体験入店という形で行く事になりました。

1日体験入店の際、スタッフ・キャストの方が初心者という事もありとても親切に教えて下さいました。

緊張をほぐそうと笑わせてくれたり、スタッフとキャストの方が話している様子もとても親しげで和気あいあいとしていました。

何より友人が居てくれる安心感があったため、そのお店に入店する事に決めました。

シフトはだいたい週5日で勤務時間は4~5時間ほどでした。収入としては時給以外にドリンク・指名・ボトルバックなどを入れ平均月収50万ほどありました。

学校が優先でしたので支障ないように働いていました。

ドレスは街やネットで購入

初めはドレスはお店で借りていましたが、やはり同じ衣装ばかりになってしまうため自分でも購入していました。

インターネット通販で安く購入したり、栄周辺には夜の仕事用の衣装などのお店がたくさんあるためそこで購入したりしていました。

パーティードレスを扱うお店などでも購入していました。

衣装は安めの物を中心に購入していました。月に5万使う時もあれば1万程度の時もありました。初めは複数枚購入しお店の衣装とローテーションしていました。

バースデーの時は高めの衣装を購入していましたが、それ以外は安めの物を複数枚購入して着回していました。

キャバクラの仕事は・・・

キャバクラの仕事をして、本当に大変な仕事だと思いました。お客様との会話の話題作りのため、情報番組や雑誌など情報収集は欠かさず行いました。

会話が続かないと楽しませる事も出来ないからです。

そして身だしなみにも気を使いました。元が太りやすい体質のため、気を抜くと体重が増えてドレスがキツくなってしまいます。食生活には特に気を付けました。

お客様との接し方・・・

1番大変だったのは、お客様との接し方です。娘のように思ってくれる方・飲み友達のように思ってくれる方、恋人同士のようになりたい方などいろんなお客様を見てきました。

私の場合は嘘が苦手でしたし、お客様はお客様としか見れなかったため、恋人同士のようになりたい方は本当に困りました。自分の言動に注意はしていても、アプローチされる事も多々ありました。私としてはどう対処してよいのかよく悩みました。

夜の仕事は華やかでたくさん稼げますが、本当は影で努力したり時間をさいたりお金をかけたりして働いているのだと感じました。

とても良い経験が出来たと今では思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の口コミ・体験談は以上になります。

当サイトでは、他にもたくさんの口コミ・体験談を公開していますので、そちらもご覧ください。

 

ちなみに、お水の仕事を探すなら、お水系の仕事情報が充実している「バイトル」がおすすめです。

バイトルでお水系の求人を探すには『職種から探す』⇒『ガールズバー・キャバクラ・スナック』と進んでください。

バイトルの公式サイトはこちら

 

なお、他の仕事情報サイトもチェックしたい場合は、下記のページを見てください。

お水系の仕事情報サイトまとめ

 

また、お水系のドレス通販サイトをまとめたページも公開中です。

お水系のドレス通販サイトまとめ