会社に勤めながら池袋のキャバクラでキャバ嬢に

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、池袋のキャバクラで働いていた女性の体験談をご紹介します。

お給料や、勤務先の選び方、仕事内容などがわかる体験談です。

会社に勤めながらキャバ嬢に

働いていたのは20代前半から半ばくらいまでです。場所は池袋のキャバクラでした。

当時、普通に会社員をしていたのですが、お給料が少なかったので、友人に誘われてキャバクラで働いてみようと思いました。

会社は親や周りの人に、何の仕事しているのか聞かれたときの為に辞めずに続けていました。

キャバクラの仕事内容やお給料は・・・

出勤は週2~3日で7時か8時くらいから3時間の約束で働きはじめましたが、結局お客さんが増えたり指名が入ったりして、いつもラストの4時くらいまでやっていました。

時給は3000円でしたが、送り代が毎日1000円、衣装代が500円、髪のセットが500円、税金という名目で20%が徴収されたりして、1日8時間働いて単純に24,000円のところ、結局は15,000円くらいになっていました。

さらに遅刻罰金やいろいろありましたが、月に10万円~20万円程度は稼いでいました。

指名がたくさん入ったり、ドリンクをたくさん飲んだり、同伴したりして、多い時は30万を超えていました。

でも、だいたい日払いか週払いでもらっていたので、あまりたくさんもらっていたという感覚がありませんでした。

キャバクラでの接客は・・・

仕事では、だいたいはキャバクラの場合は、とにかくかわいくいて、お客さんのノリに合わせて盛り上げればいいという感じでした。

静かに話したいお客さんにはそれに合わせて、とにかく話をただ聞いて、褒めるところを探して、褒めていました。

とりあえず、かっこよくなくてモテそうにない人でも、「モテそうですね」と言うと喜ぶし、全然お世辞っぽくても、「私的には本当にタイプです。」といえば、場内指名をもらえたり、また来てくれたりしました。

一番嫌なお客さんはヤクザ系の人でした。基本的にはお店に入れないようになっているのですが、結構入店していました。ものすごく気をつかうし、女の子たちも怖がって、全然盛り上がらず、困りました。

キャバクラで働いてみて・・・

キャバクラだって大変な仕事だ、というけれど、社会人経験もある自分からしたら、正直、社会で感じる責任感やプレッシャーもないし、上司のモラハラに我慢することもないし、いやになったらお店を変えればいいので、本当に遊びみたいな仕事だなと思いました。

銀座などで本格的に知性を要するホステスなどはまた違うのかもしれませんが、地方のキャバクラでは、本当に毎日ただの飲み会みたいな感じです。

いろいろ他にも仕事をしましたが、私が合っていたのかもしれませんが、一番楽で稼ぎやすい仕事だと思います。

今もまだ若くて仕事していなかったらまた絶対にキャバクラで働いていると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の口コミ・体験談は以上になります。

当サイトでは、他にもたくさんの口コミ・体験談を公開していますので、そちらもご覧ください。

 

ちなみに、お水の仕事を探すなら、お水系の仕事情報が充実している「バイトル」がおすすめです。

バイトルでお水系の求人を探すには『職種から探す』⇒『ガールズバー・キャバクラ・スナック』と進んでください。

バイトルの公式サイトはこちら

 

なお、他の仕事情報サイトもチェックしたい場合は、下記のページを見てください。

お水系の仕事情報サイトまとめ

 

また、お水系のドレス通販サイトをまとめたページも公開中です。

お水系のドレス通販サイトまとめ