名古屋市中区錦のキャバクラでお水の仕事

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、名古屋市中区錦のキャバクラで働いていた女性の体験談をご紹介します。

お給料や、勤務先の選び方、仕事内容などがわかる体験談です。

キャバクラの仕事を始めた理由

19才の頃から名古屋市中区錦のキャバクラで働いていました。

働き始めた理由は、友人で何人も働いていた子がおり自分にもできそうだと思ったことと、夏休みに友人と旅行に出かける約束をしておりその資金が欲しいと思ったからです。

勤務先のお店は地元の求人雑誌で探しました。

勤務先のお店を選んだ理由は、時給が高い割にはあまり厳しくないように感じたからです。(服装や同伴の有無など)

キャバクラの仕事内容

ほぼ毎日出勤をしていました。おおむね週6日程度です。

稼ぎたい女の子はみな毎日ほぼ休みなく働いていました。(中には週2日程度の女の子もいました)

給料は、一部日払いで、指名料や同伴料等は月払いでした。

キャバ嬢の衣装(ドレスやスーツ)

仕事の衣装(ドレスやスーツ)は全て自分で購入していました。

繁華街のショッピング街で購入していました。とくに決まったお店はなく、ウィンドウショッピングをして気に入る衣装が見つかれば購入していました。

一通りの衣装をそろえるまでは、月3万円位。着回しがきく程度衣装がそろった後は月に換算すると1万円位です。

キャバ嬢同士の人間関係

女の子同士の仲が悪いのがびっくりしました。初めて働いたお店はみんな仲が良く、女の子同士でよくご飯を食べに行ったり、プライベートでも仲良くしていました。

このお店は女の子同士の接点がほとんどなく、みな足の引っ張り合いでびっくりしました。

フィリピン人の女の子も働いていましたが、その子たちに意地悪をしたり、無視する女の子もたくさんいました。また、人気がある子は人気がない子を明らかに見下す態度を取る子もいました。

お客さんの取り合いやトラブルも絶えず、閉店後に灰皿を投げる女の子もいました。特に、人気が高い子同士の争いが激しかったです。

私は、指名率があまり高くはなかったのと(いつも順位は真ん中位)常に中立の姿勢だったので、フィリピン人の女の子にはよく声をかけられました。

また、人気が高い子も私には気軽に声をかけてくれるこが多く平和には過ごしていましたが、内心は居心地が悪いと感じていました。

スタッフやお客さんも・・・

スタッフも、女の子同士の組み合わせにはかなり苦労しているようでした。

時々、お客さんがわざと店の外に出て「○○ちゃんと△△ちゃんは同じテーブルにつけないでほしい」と電話がかかってくることもありました。

希望していた旅費が貯まり次第このお店はすぐに辞めて、最初にいたお店に戻りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の口コミ・体験談は以上になります。

当サイトでは、他にもたくさんの口コミ・体験談を公開していますので、そちらもご覧ください。

 

ちなみに、お水の仕事を探すなら、お水系の仕事情報が充実している「バイトル」がおすすめです。

バイトルでお水系の求人を探すには『職種から探す』⇒『ガールズバー・キャバクラ・スナック』と進んでください。

バイトルの公式サイトはこちら

 

なお、他の仕事情報サイトもチェックしたい場合は、下記のページを見てください。

お水系の仕事情報サイトまとめ

 

また、お水系のドレス通販サイトをまとめたページも公開中です。

お水系のドレス通販サイトまとめ