埼玉県さいたま市大宮のキャバクラで夜の仕事

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、埼玉県・大宮のキャバクラで働いていた女性の体験談をご紹介します。

お給料や、勤務先の選び方、仕事内容などがわかる体験談です。

大宮のキャバクラで働いて・・・

私は22歳から23歳の間の1年間、埼玉県さいたま市大宮のキャバクラで働いていました。

働こうと思ったきっかけは、1年ほどガールズバーで働いていて、似たような職種でもっと稼ぎたいと思ったからです。

勤務先のお店は知人に紹介してもらいました。知人がいたため安心だったので、他のキャバクラは見ずにそのお店に決めました。

キャバクラでの勤務時間や時給は・・・

私の働いていたお店では、勤務日数は最低週2日出勤で、出勤日数が多くなる分には自由でした。

ヘアメイクが19時からあるので、その時間にお店に向かい、ドレスに着替えてヘアメイクを済ませます。

出勤時間はお店の開く20時からで、終わりはその日によってまちまちでした。

時給は最低3000円で、先月の売り上げによって翌月の時給が変動します。

時給に加えて、フードやドリンクのバック、指名や同伴などの加算もありました。

キャバ嬢のドレスは・・・

初めのうちは、私はドレスを1着も持っていなかったため、お店にあるドレスを借りていました。

仕事を始めてしばらく経ってからは、徐々に自分でドレスを買い揃えました。

大宮のOPAの中にはドレス屋さんが入っており、キャバクラ用のドレスもたくさん売っていたので、そのお店でドレスを購入しました。

また、月に1回ドレス屋さんが出張で店にドレスを売りに来ていたので、そこでも何着か購入しました。

初めのうちは5000円程度のドレスを購入していましたが、徐々に仕事にも慣れていき、お給料もそこそこ貰えるようになってからは、2万円以上のドレスを購入していました。

ガールズバーとキャバクラの違いは・・・

私は、最初はガールズバーとキャバクラを掛け持ちしていましたが、キャバクラに慣れてきた頃にはガールズバーをやめ、キャバクラ1本で週6日ほど出勤していました。

ガールズバー時代のお客様も何人かキャバクラの方へ足を運んでくださいました。その時はとても嬉しかったのを覚えています。

ガールズバーとキャバクラではだいぶお客様の負担にも差がありますが、お金を惜しまず私に会いに来てくれた事は、本当に感動的でした。

ガールズバー時代のお客様以外にも指名客は増えていきました。

お客さんは2つのタイプがある?

私の指名客は大きく2つに分かれ、キャバクラに初めて来るような若い男性か、キャバクラに慣れていてなおかつ社長といった、いわゆる太客のどちらかでした。

若いお客様の場合だと、お金に気を使いながら飲まなければいけないので、なかなか売り上げがあがりません。

ですが太客の場合、お金に気を使わなくていい反面、枕営業の誘いが頻繁にありました。

お金のないお客様でも、お金のあるお客様でも、言葉巧みにいかに指名をもらい続けるかの駆け引きは非常に難しかったです。

ですがキャバクラでは、接客のマナーや話術など、多くの知識を身につける事ができました。

もしまた機会があれば、キャバクラでなくてもスナックのようなお店で働きたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の口コミ・体験談は以上になります。

当サイトでは、他にもたくさんの口コミ・体験談を公開していますので、そちらもご覧ください。

 

ちなみに、お水の仕事を探すなら、お水系の仕事情報が充実している「バイトル」がおすすめです。

バイトルでお水系の求人を探すには『職種から探す』⇒『ガールズバー・キャバクラ・スナック』と進んでください。

バイトルの公式サイトはこちら

 

なお、他の仕事情報サイトもチェックしたい場合は、下記のページを見てください。

お水系の仕事情報サイトまとめ

 

また、お水系のドレス通販サイトをまとめたページも公開中です。

お水系のドレス通販サイトまとめ