長崎県佐世保市のスナックでホステスのアルバイト

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、佐世保市のスナックで働いていた女性の体験談をご紹介します。

お給料や、勤務先の選び方、仕事内容などがわかる体験談です。

佐世保市のスナックで働いて・・・

私は20歳のときに、地元である長崎県佐世保市のスナックで働いたことがあります。

当時、母親に借金があったため、少しでも家計の足しになればと思ったのが働くきっかけでした。

母の友人が働いているというスナックを紹介していただくかたちで、母の友人の方と同じお店で働くことになりました。

私も顔見知りの方がいるので安心できたことと、仕事内容もさほど難しくなく、「お客様からもし触られたりしたら遠慮なく言ってね」と言ってもらえたので働く決心がつきました。

当時は、他に昼間のアルバイトもしていたため、週1日の勤務にしてもらい、夜7時ごろから夜中の1時ごろまでの勤務で、日当5000円ほどもらっていたかと思います。

スナックでの衣装は・・・

ホステスの衣装に関しては、あまり厳しいところではなかったため、かしこまったドレスなどじゃなくても、私服のワンピースやスーツなどでもいいお店でした。

もし、きちんとした衣装を着てみたければ、週に1回ドレスを売りに来てくれる業者のかたがお店に来ていたので、それを利用してもよかったのですが、私はお金がなかったので、なんとか今持っている服を着まわしてお店にでていました。

なので、衣装を買ったことは一度も無く、プライベートでも着れるような服を選んで買ったりしていたので特に衣装代に困った経験はありません。

接客で思ったこと・・・

仕事してみて感じたことが、ほんとに普通にお客様とお話をして、楽しんでいただければいいんだ、と思いました。

仕事を始める前は、お客様を楽しませるために、会話にすごく気をつけなければいけないのでは、と不安に感じていましたが、優しいお客様も多く、私も楽しく仕事できていました。

もちろん飲み物が減っていないかとか、灰皿に吸殻がたまっていないかとか、お客様のまわりを気にかけることは仕事としてやらなければいけないことですが、友人と居酒屋などに飲みに行っても、そういうところは普通に気にかけてあげていることだし、特に気構えなくても仕事としてやっていけていたと思います。

仕事中に気をつけていたこと

仕事中に気をつけていたことは、手が空いているときは自分が担当したお客様じゃなくても、担当した姉さん(先輩スタッフ)と一緒にお見送りをすることでした。

少しでもいいからいろんなお客様とお話をして、自分の顔と名前を覚えてもらうことと、お店に来てくださった感謝の気持ちを込めてお見送りをすることだけは頑張ってやっていました。

結果的にはあまり長くは働けなかったのですが、お客様応対の勉強になったことが、働いてよかったと思うことです。

お水の仕事は、人と接することが好きな人には楽しんで頑張れる仕事ではないかと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の口コミ・体験談は以上になります。

当サイトでは、他にもたくさんの口コミ・体験談を公開していますので、そちらもご覧ください。

 

ちなみに、お水の仕事を探すなら、お水系の仕事情報が充実している「バイトル」がおすすめです。

バイトルでお水系の求人を探すには『職種から探す』⇒『ガールズバー・キャバクラ・スナック』と進んでください。

バイトルの公式サイトはこちら

 

なお、他の仕事情報サイトもチェックしたい場合は、下記のページを見てください。

お水系の仕事情報サイトまとめ

 

また、お水系のドレス通販サイトをまとめたページも公開中です。

お水系のドレス通販サイトまとめ