広島県広島市のキャバクラでお水の仕事

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、広島市のキャバクラで働いていた女性の体験談をご紹介します。

お給料や、勤務先の選び方、仕事内容などがわかる体験談です。

広島でお水の仕事・・・

私が働いていたのは、広島県広島市のキャバクラです。働こうと思った理由は、時給の高さに惹かれたことです。

勤務先は無料配布の求人誌で見つけました。その中で、送迎サービスがあったお店を選びました。

出勤日は週3日~4日程度、勤務時間は夜の7時から深夜1時までの6時間程度、収入は時給1500円程度でした。

お水の衣装は・・・

衣装は貸し出しと求人誌には書いてあったのですが、実際はドレスを自分で購入している子が多かったです。

仕事用の衣装を購入するときは、お店にドレスを販売している販売業者の方が売りに来て、そこで自分で選んで購入を決めていました。

衣装代は一回の購入で5000円から7000円程度だったように記憶しています。

夜の仕事で印象に残っていること

仕事で印象に残ったことといいますと、とにかく固定客が付きにくいです。

私自身が口下手ということもありますが勤務日数が長くなると店側の要求も厳しくなってきます。

ずっとヘルプでいいなら気が楽ですが指名を頂けないと店のスタッフの方からの文句が大変です。

「化粧が下手だから」「語彙力足らないんじゃないの?」などなど嫌味をとにかく言われます。

指名をとろうと頑張ると必死な感じになって、それがお客に伝わるので逆効果にもなるので精神的につらいことも多々あります。

店側から文句が出ようが客の前では「気に入ったら指名してくださいね」程度の余裕を見せるべきなのでしょうが私には無理でした。

高い時給を支払われている以上、要求も多いのは仕方のないことなのでしょうが、要求に答えようとすると空回りしてしまいダメになりますね。

女の子同士の人間関係は・・・

一緒に働いている女性たちとの人間関係は様々です。

優しい女性もいますが、驚くほど厳しい感じの怖い女性もいます。

まるでそこのボスのような雰囲気で、肩がぶつかってこちらが謝った時も「ふん」といったかんじで怖かったですね。

女性が多い職場では、どこも怖い女性はいるのでしょうが、水商売の世界だと特に女性の気の強さを感じることが多いです。

あと一番嫌だったのは男性の醜い部分をたくさん見させられるところでしょうか。私は、このお仕事を体験したことによって男性恐怖症になりました。

正直もう男性とお付き合いしたいとか結婚したいとか微塵も思わなくなりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の口コミ・体験談は以上になります。

当サイトでは、他にもたくさんの口コミ・体験談を公開していますので、そちらもご覧ください。

 

ちなみに、お水の仕事を探すなら、お水系の仕事情報が充実している「バイトル」がおすすめです。

バイトルでお水系の求人を探すには『職種から探す』⇒『ガールズバー・キャバクラ・スナック』と進んでください。

バイトルの公式サイトはこちら

 

なお、他の仕事情報サイトもチェックしたい場合は、下記のページを見てください。

お水系の仕事情報サイトまとめ

 

また、お水系のドレス通販サイトをまとめたページも公開中です。

お水系のドレス通販サイトまとめ