歌舞伎町のキャバクラでキャバ嬢のアルバイト

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、歌舞伎町のキャバクラで働いていた女性の体験談をご紹介します。

お給料や、勤務先の選び方、仕事内容などがわかる体験談です。

上京して歌舞伎町でキャバ嬢に

22歳の頃、歌舞伎町のキャバクラでアルバイトをしていました。

地元は東京ではないのですが、地元の友人が結構上京していて、女の子は水商売で働いている子が多かったんですよね。

当時はクレジットカードの支払いを滞納してしまって保証会社にも通らず家も借りられない状況だったので、寮がある水商売はお金も稼げて好都合だと思い働くのを決めました。

勤務先はネットの求人サイトで

勤務先はインターネットの求人を見て、とにかく寮があるところを探しました。

寮が個室で、なおかつ評判とかも結構探しましたね。後は働いている女の子のブログとかもチェックしました。

その中で有名なギャル雑誌のモデルさんも働いていて、それでいてお店の雰囲気も良いところがあったので面接を受けてみたら無事合格することができました。

キャバクラのお給料や時給は・・・

条件ですが、週に6日の勤務です。6時間の勤務で、最初の一ヶ月は時給1500円からのスタートでどんどん上がっていき、3000円になりました。

しかし、最終的には歩合制の方がお給料になるということで切り替えました。

お客様の売上の一部が全て自分のお給料になります。時給制の時もドリンクのバックはありました。

キャバ嬢のドレスは・・・

衣装はお店で用意されていたドレスが結構あります。辞めてしまった女の子のドレスをもらう機会もありました。

私の場合は寮の隣だった女の子が水商売歴が長く、初めての私に対してとても良くしてくれて、着なくなったというドレスを20着くらいもらいました。

自分で購入する場合はドレスショップが多かったです。一度インターネット通販で3000円くらいの物を購入したのですがペラペラだったので、その後は質を考えて購入するようになりました。

大体1着1万円くらいの物を買うようにしていましたね。もらう機会が多かったので、2年ほど働いて購入したドレスは10着程度です。

キャバの仕事で印象的なのは・・・

仕事で印象に残っているのは、やはり人間関係です。

水商売といっても仕事ですからしっかりやらないと!と真面目な気持ちでいたのですが、少々お馬鹿のフリをしていた方が人間関係でも楽だよと先輩からアドバイスをもらったところ、私もその方が楽でした。

ただ、やっぱりお店の中に派閥とかはありましたね。私は幸いにもどこの派閥にも入らずに済みましたが、人間関係で悩んで辞めていく女の子も結構いました。

仕事はキッチリやって、それでいてちょっとお馬鹿なフリをするくらいがちょうど良いのだと思います。最初はお客様もなかなか掴まえられなかったのですが、キャラクターを変えてからはわりと順調でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の口コミ・体験談は以上になります。

当サイトでは、他にもたくさんの口コミ・体験談を公開していますので、そちらもご覧ください。

 

ちなみに、お水の仕事を探すなら、お水系の仕事情報が充実している「バイトル」がおすすめです。

バイトルでお水系の求人を探すには『職種から探す』⇒『ガールズバー・キャバクラ・スナック』と進んでください。

バイトルの公式サイトはこちら

 

なお、他の仕事情報サイトもチェックしたい場合は、下記のページを見てください。

お水系の仕事情報サイトまとめ

 

また、お水系のドレス通販サイトをまとめたページも公開中です。

お水系のドレス通販サイトまとめ