恵比須のクラブでホステスのアルバイトをした大学生時代

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、東京・恵比須のクラブで働いていた女性の体験談をご紹介します。

お給料や、勤務先の選び方、仕事内容などがわかる体験談です。

恵比須のクラブを選んだ理由・・・

私がクラブで働いたのは20歳になってすぐ、恵比須東口の雑居ビルの一つでした。10階建てのビルに各階5,6店のクラブがひしめきあっている激戦地だったと思います。

当時、学業をしながら飲食店のバイトがきついなと考えていたので、短時間で高時給、と考えるとすぐに思い浮かぶのがお水の仕事でした。

周りに何人かお水の仕事をしている子が居たのでその体験談を聞きながら、キャバクラは指名争いとキャスト同士の関係が合うと合わないがお店によって結構激しいというのを聞きました。

友達の意見としては、客層の良い土地たとえば銀座などの小さいクラブならお水の仕事が初めてでも頑張れるんじゃない、という意見を貰ったので、クラブで働こうというのを決めました。

バイト求人サイトでお店探し

勤務先はある程度地域を絞って、スマホで検索。普通にバイトを見つける、という感覚だったので、大手バイト検索サイトを見ました。

地域と時給で見れば、いくつか絞れ、さらに中の様子がわかる画像のある店舗から絞っていきました。

こじんまりとした、というところが良いなと漠然と思っていると、店内画像にテーブル席が4つほどのお店が恵比寿で見つかりました。

また、そこのママが銀座でお店を持ち、経験も長く初心者も丁寧に教える、という事が書いていたので信頼できるのかな?と思いました。

体験入店にもお金が出るというので行きやすかったです。

クラブでの仕事内容と時給・・・

恵比寿の店舗は時給2000円。週2回から。入りたければ毎日でも大丈夫、と。人手が少なかったこともあっていくらでも入ることが出来ました。

ただ、学業と両立だったので多くても週3回で、8時から朝6時までを働いていました。

衣装のドレスは・・・

衣装はママが管理していたドレスを毎回お借りしていました。先輩は自分のドレスを持っている人もいましたが、わたしは無駄なお金は使いたくなかったので。

ただ、先輩のドレス購入についていった際に髪の毛の飾り付けをついでに買うことはありました。大体が新宿地下のサブナードで。

歌舞伎町が近い為、お水の衣装には全く困らなかったです。イベントの時はコスプレ。安いメイド服が売っている原宿のBODY LINEで衣装購入していました。

私は衣装にそんなに頓着が無かったので飾りとして月5000円使うか使わないか。衣装よりも化粧品購入の方が高かったかな、と思います。

お水の仕事で金銭的にも余裕が出たため、プチプラの下地からブランドの下地に変えました。それも合わせて1万円前後、という感覚です。

お店での出来事・・・

お酒の入る場所ですから、何かとトラブルが多いのも確か。お客さん同士が喧嘩したり、トイレに行く前に吐いたりは割と多かったです。

セクハラだって、手を繋がれて泣いちゃった女の子も居たし、ある程度嫌な事があっても社会勉強だから、と割り切る覚悟は必要だな、とお店で働きながら思いました。

私自身は、お店に来ていた20代の社長がパンツを脱ぎだして、いちもつを見せびらかす、という出来事が私のお水デビュー、一発目の出来事だったので非常に衝撃でした。

大体店内で起きた出来事は大学の友達との飲み会の話題(お水で働いていた等は言わず)になるので、結構楽しいお仕事でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の口コミ・体験談は以上になります。

当サイトでは、他にもたくさんの口コミ・体験談を公開していますので、そちらもご覧ください。

 

ちなみに、お水の仕事を探すなら、お水系の仕事情報が充実している「バイトル」がおすすめです。

バイトルでお水系の求人を探すには『職種から探す』⇒『ガールズバー・キャバクラ・スナック』と進んでください。

バイトルの公式サイトはこちら

 

なお、他の仕事情報サイトもチェックしたい場合は、下記のページを見てください。

お水系の仕事情報サイトまとめ

 

また、お水系のドレス通販サイトをまとめたページも公開中です。

お水系のドレス通販サイトまとめ