友人のいるキャバクラに手伝いでキャバ嬢アルバイトに行った時の話

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、山形県のキャバクラで働いていた女性の体験談をご紹介します。

お給料や、勤務先の選び方、仕事内容などがわかる体験談です。

友人のいるキャバクラに手伝いに行った時のこと

私が23歳の時に、何度か友達が勤めていたキャバクラに手伝いに行っていたときの印象に残っていることをお伝えしたいと思います。

私の場合、手伝いという感じで入っていたこともあり、ヘルプという形でサブで席につくことが多かったのですが、性格上すぐお客様と打ち解け仲良くなっていました。

そのお店ではヘルプで入る時、本指名キャストの許可がないとお客様と連絡先を交換してはいけないという暗黙のルールがありました。

もちろん、私も疑似恋愛など仕掛けず、ただ仲良く話す程度にし、深い仲にならないように気をつけていました。

それは本指名のキャストと揉めたらめんどくさいというのが分かっていたのもあります。

ある日、自分と年が10個離れた男性が団体で来られていました。一人イケメンでリーダー的存在の人がいて「一番人気の子を指名入れるわ」と言われました。

正直リーダー的存在は苦手なこともあり、離れて他の方とお話していました。

すると、指名の女の子がいるにも関わらず、その男性が私に「横に来い」と言い出したのです。

お客様との関係やキャバ嬢のルール

一番人気の子が指名で横にいる状態なので、他の仲良いキャストも心配そうに見つめてきました。

ちょっとの間だけと思い横に行くと「会話聞いてたら、話したくなった」と言われ、少し話してました。

案の定、指名の女の子はふててましたが、とても楽しく、私も「この人はプライベートで出会いたかったな」と思うくらいになっていました。

そして、帰られるとき「お店のでなく、プライベートの連絡先を本当で教えて」と言われました。

その男性の仲間も、彼がいつもならそんなこと言わないから本気だとビックリしたように言い始め、私も嬉しかったのですがルール上伝えれませんでした。

お客様に本当に心から恋愛感情でまた会いたいと初めて思いましたが、普段出勤しない私だしもう会えないと悲しい気持ちにどんどん染まっていってました。

水商売のアルバイトで運命的な出会いがあった

数日後、その男性のお連れ様とまさかのコンビニで偶然お会いし、彼がキャバ嬢というの関係なく一人の女性として私にまた会いたいとずっと言ってるということを告げられ連絡先を渡されました。

その後、お店には内緒で彼に連絡し再会することが出来ました。

出会った場所を考えると、色々周りから心配されますが彼の真っ直ぐな私への気持ちと行動が信用にも繋がり、周りも公認のうえで良いお付き合いを今でもしています。

第一印象とは違い、優しくいっぱい愛情を注いでくれる彼にも感謝してます。

そして、お客様との恋も場合によっては有りだと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の口コミ・体験談は以上になります。

当サイトでは、他にもたくさんの口コミ・体験談を公開していますので、そちらもご覧ください。

 

ちなみに、お水の仕事を探すなら、お水系の仕事情報が充実している「バイトル」がおすすめです。

バイトルでお水系の求人を探すには『職種から探す』⇒『ガールズバー・キャバクラ・スナック』と進んでください。

バイトルの公式サイトはこちら

 

なお、他の仕事情報サイトもチェックしたい場合は、下記のページを見てください。

お水系の仕事情報サイトまとめ

 

また、お水系のドレス通販サイトをまとめたページも公開中です。

お水系のドレス通販サイトまとめ