20歳の頃に求人情報誌を見て赤羽にあるキャバクラで水商売のアルバイトをした

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、東京の赤羽にあるキャバクラで働いていた女性の体験談をご紹介します。

お給料や、勤務先の選び方、仕事内容などがわかる体験談です。

アルバイト求人情報誌にあった赤羽のキャバクラ

私が短期大学生当時20歳の頃、実家と離れて住んでいて生活費は親が出してくれていましたが、二重生活で親に負担をかけているということもあり、お小遣いをお願いすることが心苦しくて出来ませんでした。

もちろんアルバイトをしていましたがそれだけでは足りず、兼任もしくは時給が良いアルバイトはないかと求人情報誌を見て探していたら沢山のキャバクラの求人がありました。

結構時給がよくて楽しそうで、しかもお酒が好きでしたので面接に行こうと決意しました。

私自身の住まいが駅近くで、赤羽のキャバクラも赤羽駅から徒歩数分ということもあり、通勤には便利そうなので赤羽のキャバクラにしました。

労働条件は基本的には一日に二時間以上、週一日以上ということでしたので、私は週に三日、三時間半ずつで申請をし、面接に行った当日から仕事をすることができました。

キャバ譲のドレスや時給や仕事内容について

面接に行っただけなので服装は普段着ですが、そこのキャバクラは全員がドレスでなければいけません。

自前のドレスでも良いとのことですが、お店側がドレスを十数枚用意してくれていて、選んで着ることもできました。

私はドレスを持っていなかったので毎回お借りしていましたが、人気のあるドレスは予約制、個人で購入しているホステスさんも中にはいました。

アルバイト代は私の場合、時給2500円で三時間半でしたので一日8750円ですが、日払いだと半分を一部手渡し、残りは週に一度手渡しで支払われるという形でした。

仕事内容は、まだ初心者ということもありベテランホステスさんのヘルプにつくことがほとんどで、そこで何をすれば良いのかを学びました。

ベテランホステスさんに気に入られれば内指名といって、指名をされているベテランホステスさんが自分のお客さんに付いてくださいとホステスさんから指名をもらえるようになりました。内指名は一回につき500円でした。

初めてのお水の仕事は良い職場で良い経験になった

初めてのお客さんについたりして指名してもらえるようになり、その中でも印象的なお客さんがいらっしゃって、仕事関係で一度キャバクラに来ていただいたのですが私のことを気に入って下さり個人的にも来て指名してくれるようになりました。

とても若い方でしたので、そんなに頻繁に来られることはありませんでしたが、とても真摯な方でしたので非常に印象に残っています。

特にトラブル等ありませんでしたが、お酒を飲みすぎたベテランホステスさんは度々お客様と喧嘩をしていました。そこのところも大変良い勉強になりました。

時が過ぎ今思うことは、楽しかった思い出しかありません。また、お客様にもホステスにもすばらしく気配りができる男性スタッフの方々のことも思い出します。

私にとってはとても良い職場ですばらしい経験でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の口コミ・体験談は以上になります。

当サイトでは、他にもたくさんの口コミ・体験談を公開していますので、そちらもご覧ください。

 

ちなみに、お水の仕事を探すなら、お水系の仕事情報が充実している「バイトル」がおすすめです。

バイトルでお水系の求人を探すには『職種から探す』⇒『ガールズバー・キャバクラ・スナック』と進んでください。

バイトルの公式サイトはこちら

 

なお、他の仕事情報サイトもチェックしたい場合は、下記のページを見てください。

お水系の仕事情報サイトまとめ

 

また、お水系のドレス通販サイトをまとめたページも公開中です。

お水系のドレス通販サイトまとめ